2015/02/28(土) 氷川渉氏 大阪市講演会&懇親会 予定

2015年2月末頃、氷川渉氏 大阪市講演会&懇親会 予定

題名 : 「反差別の困難さについて……同和教育体験者から」
副題 : 「ネトウヨは当たり前の”現象”である」

場所 : 大阪市 「討論Bar“シチズン”」 
http://bar-citizen.jimdo.com/

日時 : 2015/02/28(土)を予定
開場は17時~
講演会 18:00~19:30 予定
15分休憩
懇親会 19:45~21:30 予定

値段
講演会 1,500円(ワンドリンク)
懇親会 3,000円(フリードリンク&オードブル)
任意でお店「シチズン」に寄付をお願いします。

食べ物は持ち込みOK。
過去に持ち込みをした食べ物をお客様どうし分け合いっこをしてきたりしました。ナッツやドライフルーツやおかきやたこ焼きなどなど。事前に相談も可。

私は一応、ナッツ、ドライフルーツ、チーズ、苺とかを成城石井で購入をしてくる予定です。
一応10人ぐらいお客様がお越しと予測をたてて、隣の中華料理屋に15人分ぐらいの軽食を注文をしました。
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

足りなければ、店のメニューを注文可能です。店としても売り上げになって助かります。店にはメニューとしてケーキ、パスタ、カレー、ピラフ等があります。が、一人でやりますので一度に大人数が注文をされると大混乱になりますので、事前予約か、時間にゆとりをもって少人数ずつ注文なさるのなら助かります。


予約希望者は、noranekonote@gmail.com まで。







氷川渉氏自身からの自己紹介
→ 詳しくはこちら





企画者の意図

2013年初めごろ、中学生少女が「鶴橋大虐殺」街宣。
ヘイトスピーチ問題で、行動する保守界隈とカウンター界隈とが対立。
行動する保守界隈のヘイトスピーチ問題もひどいけど。
でも差別反対の人権派に違和感を感じる。

氷川渉氏の批評と見識に目が見開かれました。
氷川渉氏を大阪に招致して講演会を企画したいとお願いしましたけど。
氷川渉氏は「過去の同和問題のトラウマで、もう人権問題には関わりたくない」とのお返事。
でも、何度も交渉を重ねて、「冬になれば余暇ができるから、考えてもいいとのこと」


氷川氏の魅力

過去の同和の人権啓蒙活動の暴走にトラウマがある。人権派の暴走についての論客。
共産党や左翼を志したけど幻滅して挫折。
体系的に学習をして共産党を体系的に批判。

左翼や人権派の気持ちも分かるし、右翼の気持ちも分かる。
氷川氏はかつて、在特会会長の桜井誠氏と語り合い、感動。でも今は気の毒なことになってると同情。
桜井誠氏のその魅力を知った上での批判ができる論客。

国際的なビジネスマン。
中国や韓国など海外とのビジネスで異文化ショックを受けた経験がある。
事前に中国との対策マニュアル(今の嫌中本なんかよりも露骨)を読んで心の準備ができたことで役に立った経験がある。
その経験から、嫌韓本や嫌中本にも、事前の心の準備として役に立つ部分もあると擁護。
昨今の嫌韓本や嫌中本には、異文化ショックを受けた方々にとっての慰撫と共感として意義があることを主張した。
ただし「悪意を感じる部分がある」「ビジネスマン向けにもっと実用的でドライなのがほしい」と。
どこに需要があるかを理解した上で、改善点や軌道修正と折り合いとをつけられるようにできるといいのですが。

人権派が、嫌韓本コーナーのある本屋に対して「潰れろ」「死ねよ」「飢え死にするほうがまし」と主張している。
だけど、その偏狭さには違和感を感じている。

人権派が、在日や韓国との問題を混乱させてきた元凶である件についても詳しい論客。
京都ウトロ問題、従軍慰安婦問題など。

従軍慰安婦問題の見識。
元はと言えば人権派が過去に過剰に被害を述べすぎて論点を大混乱させてしまった。
右翼側の再検証に一部の理があり。
右翼側には、従軍慰安婦たちへの物言いには配慮に欠け無神経な嫌な物言いが多いけど。
氷川氏には、従軍慰安婦たちへの物言いにはまだ配慮があるほう。



カウンターの問題部分
★ 言論弾圧(嫌韓本コーナーのある書店への不買運動を呼びかけ。桜井誠氏の新刊紹介への過剰な抗議)
★ 嫌韓本に救済をされた層への無理解と想像力の欠如。
★ 従軍慰安婦検証展への言論弾圧問題
★ 人権問題や被害者意識を過剰に利用する被差別者の問題








協力者 募集

企画相談

連絡


チラシ制作と、色々な店に置いてもらうようにすること。

懇親会用の手伝い




当日の受付

当日の撮影助手
(未経験者でも、ゼロから指導します)


その他、色々相談


お手伝いをしてくださる方は、noranekonote@gmail.com までメールをお願いします。





スポンサーサイト

シチズンの生中継システムと、WINDOWSのパソコンとの相性の悪さ マックをかりることに

シチズンにノートパソコンを持参して打ち合わせをしたら、WINDOWSのレジュメはネット配信の画面に表示できないから。マスターにメールでレジュメを転送をして。当日は氷川様にはマスターのマックかiPadからレジュメを利用してもらってネット配信をすることになります。

シチズンの店の生中継システムは、WINDOWSとは相性が悪いみたいです。頭上のモニターや巨大スクリーンにはPCと接続すると表示されますが、生中継の配信には載らないみたいです。その仕組みがよくわかりませんが。

私はふだんからWINDOWSのパソコンかiPadを利用していて。でもマックのパソコンは使い方がかなり違うので困りました。氷川様は当日は事前にマックのパソコンでレジュメを操る練習をしてください。普通のビジネスマンはWINDOWSで、あんまりマックは使わないでしょうし。

私は一応当日はWINDOWSのノートパソコンとIPADも持参しますので。それとブックフェア用の本を大量に。それとビデオカメラと三脚とICレコーダーも持参して録画保存しておきますので。この記録は日本の言論史上重要な資料になる傑作になるはずです。

ブックフェアのために図書館から借りる本


『差別感情の哲学』(中島義道著)
『レイシズムの変貌』(ミシェル・ヴィヴィオルカ著)
『イェルサレムのアイヒマン』(ハナ・アーレント著)
『全体主義の起原』(ハナ・アーレント著)
『ハンナ・アーレント ――「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』
(矢野久美子著)

『はじめての部落問題』(角岡伸彦著)
『近代の奈落』(宮崎学著)
『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(安田浩一著)
『当事者の時代』(佐々木俊尚著)
『聲の形』(大今良時作画)






地元の図書館にリクエスト済

『イェルサレムのアイヒマン』(ハナ・アーレント著)
『ハンナ・アーレント ――「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』
(矢野久美子著)
『はじめての部落問題』(角岡伸彦著)
『当事者の時代』(佐々木俊尚著)


まだなので、大阪府立図書館から借りる予定

『差別感情の哲学』(中島義道著)
『レイシズムの変貌』(ミシェル・ヴィヴィオルカ著)
『全体主義の起原』(ハナ・アーレント著)
『近代の奈落』(宮崎学著)
『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(安田浩一著)

金/容雲
日韓の文化対立は宿命である

『聲の形』(大今良時作画)
漫画なので図書館には無し






ついでに、これもリクエストしました。

悪韓論  (新潮新書) 室谷 克実
呆韓論  (産経セレクト) 室谷 克実


日本人が外に出るとき  犬養 道子

「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件  (反差別論の再構築へ) 伏見 憲明

ホロコースト産業 同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち  ノーマン・G.フィンケルスタイン

ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性  ナディーン・ストロッセン

ブックフェア企画「差別を考えるために」をテーマに のら猫の手が薦める本

ブックフェア企画「差別を減らすために」をテーマに のら猫の手が薦める本

売る売らないはワタシが決める―売春肯定宣言売る売らないはワタシが決める―売春肯定宣言
(2000/01)
要 友紀子、小林 のん 他

商品詳細を見る



「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件―反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))「オカマ」は差別か 『週刊金曜日』の「差別表現」事件―反差別論の再構築へ〈VOL.1〉 (反差別論の再構築へ (Vol.1))
(2002/03/01)
伏見 憲明、野口 勝三 他

商品詳細を見る





ホロコースト産業―同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたちホロコースト産業―同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち
(2004/12)
ノーマン・G. フィンケルスタイン

商品詳細を見る



ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性ポルノグラフィ防衛論 アメリカのセクハラ攻撃・ポルノ規制の危険性
(2007/09/29)
ナディーン・ストロッセン

商品詳細を見る




氷川渉氏のレジュメが傑作で成功間違いなし おすすめ本




氷川氏のレジュメより

差別問題を考えるために良いと思う本


『差別感情の哲学』(中島義道著)
『レイシズムの変貌』(ミシェル・ヴィヴィオルカ著)
『イェルサレムのアイヒマン』(ハナ・アーレント著)
『全体主義の起原』(ハナ・アーレント著)
『ハンナ・アーレント ――「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』
(矢野久美子著)
『はじめての部落問題』(角岡伸彦著)
『近代の奈落』(宮崎学著)
『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(安田浩一著)
『当事者の時代』(佐々木俊尚著)
『聲の形』(大今良時作画)

レジュメでとりあげた本
金/容雲 日韓の文化対立は宿命である





レジュメの追記を読みました。すごい傑作です。大成功間違いなしです。

差別を減らすために読むべき本のリスト。
安田浩一氏の本と、佐々木俊尚氏の本は読んだことあります。
これらの本を全て揃えてシチズンでブックフェアでもやろうかと思いましたけど、中には高額な値段に跳ね上がってるのもありますね!

図書館から借りてサンプルとして並べるだけにしておきます。





差別感情の哲学 (講談社学術文庫)差別感情の哲学 (講談社学術文庫)
(2015/02/11)
中島 義道

商品詳細を見る




レイシズムの変貌レイシズムの変貌
(2007/11/07)
ミシェル ヴィヴィオルカ

商品詳細を見る




イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告
(1969/02/20)
ハンナ・アーレント

商品詳細を見る



Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)Eichmann in Jerusalem (Penguin Classics)
(2010/07/24)
Hannah Arendt

商品詳細を見る




全体主義の起原 1 ――反ユダヤ主義全体主義の起原 1 ――反ユダヤ主義
(1972/07/10)
ハナ・アーレント、大久保 和郎 他

商品詳細を見る




全体主義の起原 2 ――帝国主義全体主義の起原 2 ――帝国主義
(1972/12/15)
ハナ・アーレント、大島 通義 他

商品詳細を見る




全体主義の起原 3 ――全体主義全体主義の起原 3 ――全体主義
(1974/12/11)
ハナ・アーレント、大久保 和郎 他

商品詳細を見る



ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書)ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書)
(2014/03/24)
矢野 久美子

商品詳細を見る




はじめての部落問題 (文春新書)はじめての部落問題 (文春新書)
(2005/11)
角岡 伸彦

商品詳細を見る




近代の奈落 (幻冬舎アウトロー文庫)近代の奈落 (幻冬舎アウトロー文庫)
(2005/12)
宮崎 学

商品詳細を見る




ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)
(2012/04/18)
安田 浩一

商品詳細を見る



「当事者」の時代 (光文社新書)「当事者」の時代 (光文社新書)
(2012/03/16)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る



聲の形(1) (講談社コミックス)聲の形(1) (講談社コミックス)
(2013/11/15)
大今 良時

商品詳細を見る



聲の形(2) (講談社コミックス)聲の形(2) (講談社コミックス)
(2014/01/17)
大今 良時

商品詳細を見る



聲の形(3) (講談社コミックス)聲の形(3) (講談社コミックス)
(2014/03/17)
大今 良時

商品詳細を見る



聲の形(4) (講談社コミックス)聲の形(4) (講談社コミックス)
(2014/06/17)
大今 良時

商品詳細を見る




聲の形(5) (講談社コミックス)聲の形(5) (講談社コミックス)
(2014/08/16)
大今 良時

商品詳細を見る



聲の形(6)聲の形(6)
(2014/10/17)
大今良時

商品詳細を見る



聲の形(7)<完> (講談社コミックス)聲の形(7)<完> (講談社コミックス)
(2014/12/17)
大今 良時

商品詳細を見る




聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)
(2014/12/17)
大今良時

商品詳細を見る





日韓の文化対立は宿命である日韓の文化対立は宿命である
(2012/11/16)
金 容雲

商品詳細を見る









ついでに、DVDも紹介します。
アンナ・ハーレントは、映画化されてましたので、それも紹介します。


ハンナ・アーレント [DVD]ハンナ・アーレント [DVD]
(2014/08/05)
バルバラ・スコヴァ、アクセル・ミルベルク 他

商品詳細を見る











中宮崇氏もお越しになるかも?!  ではブックフェアを

twitterで氷川渉氏の講演会の告知専用のアカウントでボットで定期的に拡散をしています。

RT拡散をしてくださる方々にお礼。

その一人が中宮崇氏。
WIKIPEDIAにものるほどの人物
WIKIPEDIA→「中宮崇」

中宮崇氏は、反レイシズム界隈から敵認定をされている大物?の一人!

ぶろっくやっちゃうよ君からブロックすべき悪い例としてあげられてた一人が中宮様ですが。
中宮様ってどんな方だろう?ってネット検索をして。



驚きました。
でも私は彼にお礼を言い、氷川渉氏の講演会にぜひお越しくださいと書きました。

彼が都合がつけば行けるかもとお返事をしてくれました。

うれしいような、こわいような、複雑な気持ち。

彼だけで発表できた著書が1冊『天晴れ!筑紫哲也NEWS23』

天晴れ!筑紫哲也NEWS23  文春新書 (494)天晴れ!筑紫哲也NEWS23 文春新書 (494)
(2006/02/20)
中宮 崇

商品詳細を見る


AMAZONのレビューでの評価も高いのに驚いて。

実際に読んでみたら、懇切丁寧に筑紫哲也を批判した本で、すごい良くできている。

中宮様は反レイシズム界隈から敵認定をされてますが、似非人権を斬る有能な論客として光っています。
2/28(土)の氷川渉氏の講演会にお越しいただけたらすごい光栄だなという思いと、不安で怖いなという思いとがあります。どうか、お手柔らかにお願いします。



2/28の氷川渉氏講演会では、同時にブックフェアで「異文化ショック」をテーマとして『悪韓論』『呆韓論』とかも置く予定ですが。
「ネトウヨのどこに魅力があるかを謙虚に学びましょう」で中宮様の『 天晴れ!筑紫哲也NEWS23』も置く予定です。
「ネトウヨ」って言うとご気分を害するかもしれませんが。
「反レイシズム界隈から敵認定をされてる方に、どこに魅力があるかを謙虚に学ぶべき。そして反レイシズム界隈の欠点を知るべき」というテーマで、いつか中宮様をゲストに催しができるといいなと思っています。

講演会会場ではささやかなブックフェアをやることにして、その中に中宮崇氏の本も含めるとおだてました。
中宮氏がその本はもう絶版だと。

出版社から取り寄せるのではなくて、中古で買ってから展示しますね。
1円で販売してるのが大勢あった。送料が257円か。
でもその低料金の中古本を全部売り切ったら、高額になるか、それか又出版社に再販をするように要求できるようになりますね。




中宮様の『天晴れ!筑紫哲也NEWS23』は2006年発行で筑紫哲也は故人ですが、中身は今まさに重要な本だと思います。田山たかしが「ネトウヨの定義とは、筑紫哲也的なものが大嫌い」「早稲田ジャーナリズムが大嫌い」って。なるほどなって。この定義は重要です。

最近の「ネトウヨ対反ネトウヨ」の対立構造ですが。
「差別者」対「人権派」との対立構造ととらえると違和感があります。
「筑紫哲也的なものが大嫌い」対「筑紫哲也的なもの」ととらえたほうが近いような気がします。

「人権派」「差別反対派」「左翼」「反レイシズム界隈」という定義だと、一部の嫌な連中の暴走が把握がしにくいです。
「ネガ・ネトウヨ」と呼ぶ方が分かりやすいか。
定義は「筑紫哲也、早稲田ジャーナリズムを崇拝」「辛淑玉、金明秀、李信恵を崇拝」「安田浩一は神」とか。

対立構造をこう分析した。
★ネトウヨ
(筑紫哲也、早稲田ジャーナリズム的なものが大嫌い)(辛淑玉、金明秀、李信恵的なものが大嫌い)(安田浩一が大嫌い)
VS
★ネガ・ネトウヨ
(筑紫哲也、早稲田ジャーナリズムを崇拝)(辛淑玉、金明秀、李信恵的なものを崇拝)(安田浩一を崇拝)
いつか、中宮様を大阪に招致をして何かいい企画を立てたいのですが。
テーマは「ネトウヨのどこに魅力があるかを分析し学びましょう」「人権派の欠点を知り謙虚に反省しましょう」
私は非力で一人ぼっちなので困難かもしれませんが。ご一考ください。



「ヘサヨ」との違い

「ヘサヨ」だと「ヘイトスピーチに反対する会」北守、常野と、その仲間で植松を私は連想します。彼らは野間派閥からは徹底的に批判をされていますので、野間派閥とは全然別ものですね。
「ヘイスピ左翼」も北守あたりを、私は連想します。

反レイシズム界隈の一部の独特の派閥の特徴が見えてきました。北守、常野、植松らを「ヘサヨ」と批判するけど。「李信恵を賛美する」「安田浩一を賛美する」という特徴がありますね。なので「ヘサヨ」とは違う定義と名称とが必要かと思いました。

(筑紫哲也、早稲田ジャーナリズム的なもの)(辛淑玉、金明秀、李信恵的なもの)(安田浩一的なもの)を、絶賛するか、「ネトウヨ」認定されるか。
それで別れる現象をどういう名称をつけたらいいのかなあ?









中宮氏は、嫌韓流や、『バカ女』シリーズで、大勢いる執筆者の一人として原稿を書いていた。

図書館でチェックしてみたけど、嫌韓流とかでは、かなりひどいことを書いていた。









こうなったら、ぶろっくやっちゃうよ君から、ブロックすべき悪い例としてあげられてる超大物?たちを4人とも招致できるとすごい面白いことになるかも。不安もあるけど。


こうなったら、反レイシズム界隈から、「ヘイト本」「ヘイトクライム」認定をされた『悪韓論』『呆韓論』の室谷克実氏も招致して語っていただけるといいのですが。










2/28(土)講演会会場でささやかなブックフェアを展示する予定です

国際ビジネスマンと嫌韓国本
http://togetter.com/li/632714

このまとめサイトを作った時に、異文化ショックをテーマに私が推薦する本をまとめました。


外国人についてあけすけな情報のある本


日本人が外に出るとき
日本人が外に出るとき (中公文庫)日本人が外に出るとき (中公文庫)
(1991/09)
犬養 道子

商品詳細を見る


私の感想をblogにまとめました。
「思いつくままに」
→「 セレブ犬養道子の本、上流階級が使用人を使う苦労が、下層階級の私でも参考になる」
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/510/


ハイ・ライフ

ハイ・ライフ (知恵の森文庫)ハイ・ライフ (知恵の森文庫)
(2005/01/06)
タキ

商品詳細を見る



上流階級の方が、上流階級の方々のわがまま放題や性格の悪さを書いている。筆者はそれを上流階級の特権と全面肯定しているけど。




情報募集

欧米上流階級のわがまま放題の情報をまとめた本はないですか?
高級婦人雑誌のコラムで、ヨーロッパ貴族から取材の約束をすっぽかされた具体例などは読んだことあるけど。


イギリス人はかなしい―女ひとりワーキングクラスとして英国で暮らす

イギリス人はかなしい―女ひとりワーキングクラスとして英国で暮らす (文春文庫)イギリス人はかなしい―女ひとりワーキングクラスとして英国で暮らす (文春文庫)
(2001/11)
高尾 慶子

商品詳細を見る


ユダヤ人雇用者が、使用人をどれほどひどい扱いをしたか。具体的に書いていた。

中国の思う壺
中国の思う壺〈上〉中国の思う壺〈上〉
(2001/07)
小田 空

商品詳細を見る


http://file.noranekonote.blog.shinobi.jp/odashorachuugokuchuui.JPG

小田空『中国の思う壷』P165



日本人が日本語教師として中国に渡り、中国人に対して日本人と接する上での注意を具体的に大量に書いていた。

日本人なら常識的なことだらけなのに驚く。

中国人たちの嫌~な表情の描写がすごい。



サイゴンから来た妻と娘
サイゴンから来た妻と娘 (小学館文庫)サイゴンから来た妻と娘 (小学館文庫)
(2013/08/02)
近藤 紘一

商品詳細を見る


バンコクの妻と娘

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))
(1985/01/25)
近藤 紘一

商品詳細を見る


新聞記者の近藤紘一氏が、ベトナム支局で働いてて。

現地の女性(娘つき)と結婚。
そのベトナム人妻のキャラがすごい。
娘を厳しく育てて。親戚の男の子たちも鉄拳制裁をし。
ベトナムの古い時代では、女性が文字の読み書きすら禁止されてたとか。そのベトナム人妻は、子供の頃本を読もうとして身内から鉄拳制裁をされたとか。全然教養がなくて。
小さな店を経営。
女性は経済的な自立をしないと悲惨という考えで。その娘は経済的自立をさせようと、娘は日本でよりもフランスで育てさせることにして専門学校にやって。その娘はフランス人と結婚。
近藤紘一氏が死後、彼女が取材を受けてた記事が掲載されてた。
「今だから明かしますけど。彼は私のことで嘘を書いてました。小さな飲み屋を経営って書いてたけど。日本人読者に同情をさせておけって意図だったのでしょうね。本当は大人数の従業員をかかえて高額で豪勢なお店の飲食店で、日本で言ったら、銀座の高級クラブみたいなものでしたね」

色々な事情で、タイでメイドを採用することになって。
ベトナム人妻が現地のタイでメイドを使ってて。
近藤紘一氏がその様子を観察し、そのこつを書いていた。日本人は今は大金持ちでも女中を使うなんてしないから、そのコツがわからない。
しかも異国の人間を使用人とした扱う困難さがある。
厳しくすべき時は厳しくし、ご褒美を与えるときは与え。それがなかなかできない。






氷川氏が参考になった本


題名は、はっきり言ってひどいけど。韓国とのビジネス経験のある方にとっては参考になる部分が多いのでしょう。


呆韓論
呆韓論 (産経セレクト)呆韓論 (産経セレクト)
(2013/12/05)
室谷克実

商品詳細を見る




悪韓論

悪韓論 (新潮新書)悪韓論 (新潮新書)
(2013/04)
室谷 克実

商品詳細を見る



氷川渉氏の『悪韓論』書評

読書メモ:『悪韓論』
http://red.ap.teacup.com/tamo2/1983.html


=====(引用開始)=====


渡世の義理、「レイシズムは勿論、反レイシズム運動もぶった切る講演をしてくださいよ」と頼まれた。アホらしいし、特に反差別運動には関わり合いになりたくないので、無視しようと思っていたが、情勢はこじれて、俺みたいな思想的ヤクザ者が講演するのも意味はあるかな、と今は思っている。

 となると、両方の文章をある程度は読んでおかなくてはなるまい。で、反レイシズム側がやり玉に挙げているのがこの本。

 読んだ感想。若干悪意は感じるにせよ、
 至極ご尤も。

 うん、これがレイシズムならば、どのような国家や民族に対しても、違和感を表現することは全てレイシズムになるぞ。


=====(引用終了)=====






情報提供募集

異文化ショックと、共感と慰撫をテーマに、ブックフェアを企画しています。

他にもどういう本がおすすめか情報提供をお願いします。






カレンダーにイヴェントを記録 重なるときは重なる

カレンダーで、他のイヴェントを記録して、人々の流れを把握できるようにしました。

http://bit.ly/1mCiqRa

これをチェックしたら、重なるときは本当に重なるなあって。

今回は、人々の流れがかなり分散されました。

氷川氏自身、懇意なキンピーさんが姫路で盛大なイヴェントに残念がっていました。

佐藤さんは、東京で懇意で重大な仲間たちとイヴェントがありますしね。

他にも、反レイシズム界隈は、十三駅のあらい商店の初イヴェントに集結するでしょう。


他にも色々な催しがあるみたいです。

2/28オードブルセットは隣の中華料理屋にお願いしました

2/28オードブルセットは隣の中華料理屋にお願いしました。
Qさんの上海厨房
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270206/27078687/

約15人分ぐらいで、総額1万5千円ぐらいまでで。
当日の17時ぐらいにはシチズンに届けてもらうことにして。
お料理はお皿じゃなくて、使い捨ての容器に入れてもらって、食べ終わったら店には返却せずに使い捨てにすることにして。
20枚ぐらいの紙のお皿と割り箸は私の方で用意することにして。

その店のメニューを見て、日本人の口にあいそうなのを選んで依頼をしました。
以前に、長芋とブルーベリージャムとをあえたのは私にはイマイチだったから。上海人と日本人とでは料理の感覚が微妙に違うみたい。お任せでオードブルセットを頼むと、微妙な感覚が違うかもしれないし心配だったから。

お料理は、一品ごとに1つの容器に入れてもらうことにしました。例えば、煮魚なんかを小分けにしたら形が崩れてしまうし。バイキング形式で、一つの料理を、大勢のお客様が分けることにしましょう。



01枝豆
03胡瓜の和え物(ピリ辛)
04トマトの甘味サラダ
06よだれ鶏
24皮付き豚バラ角煮
25酢豚
26若鳥唐揚げ
27辣子鶏 (ラーヅージー)四川料理の代表的な品目のひとつで、鶏肉のから揚げを大量の唐辛子や花椒などと共に炒めた物。
29鴨の上海風醤油煮
53上海風鮮魚の醤油煮
61海老とセロリの炒め
71揚げ豆腐の海鮮あんかけ
82トマトと卵の炒め
84旬の野菜炒め
87月見八宝菜

★メニューにない特別料理
ピータンと豆腐のサラダ
かにシューマイ
春巻き

中華料理だから、たぶん量はあるはず。
これでも足りなかったら中華料理屋に追加注文するか。でも、シチズンはマスター夫妻と、幹事は私だけなので、隣の中華料理屋に追加注文をしてお受けしてなんてやると超多忙になります。

シチズンには料理のメニューはありますが。店のフードメニューにあるパスタやピラフ、薬膳カレー、ケーキなど。店としても、売り上げにもなって嬉しいとのこと。
でも店はマスターと奥様との二人だけなので、一気に何十人もが料理の注文をされたら大変ですので。少人数で別々の注文なら大丈夫ですし、それとか大人数でもオーダーのあった順にだったら対処できます。
できるだけ早い目の事前に注文をしてくだされば、順番通りのご注文なら、奥様一人でも大丈夫ですので。

お店としてはコスト割れなので、ご満足いただけたら、終了後に少額でもお店にご寄付をいただけたら幸いです。





中華料理屋に行った日に、一応お料理を注文しました。焼酎のお湯割りとおつまみのセットで千円。お腹がいっぱいになりました。ボリュームたっぷり。

IMG_0574[1]

野菜をタレにつけたの
たぶん、ヨダレ鳥。
いくつかある料理から好きなのを選べるのがあって、私が選んだのは、豚肉と野菜とザーサイを炒めたの。




中華料理屋のメニュー


IMG_0575[1]



IMG_0576[1]


IMG_0577[1]



IMG_0578[1]


IMG_0579[1]




メニューを見て、日本人の口にあいそうで、オードブルに向きそうなのを注文をしました。

それと店員の女性が「メニュー以外にも、お客様から注文があったものを特別に作ったことがあります」
「ピータンと豆腐のサラダ」「かにシューマイ」

私「ピータン大好き。じゃあ、それでお願いします」
「春巻きできる?」

男性料理人「できます」

それを特別に注文をして。

前金を払って、レシートをうってもらいました。


IMG_0580[1]


IMG_0581[1]






オードブルセットをどうするか、関係者に相談をしました。そしたら・・・



オードブルセットをどうするか、関係者に相談をしました。

そしたら・・・

予約客様から、ベジタリアンだけは嫌、それ以外が希望とのこと。
了解しました。
今回は、肉、魚、卵、などのあるものにします。


他の来客予定者にも相談をしました。

管理人プロフィール
講演会の企画と幹事を引き受けて、その告知のためにこのBLOLをたちあげました。

Author:FC2USER493770RXI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR