2015年、反レイシズム界隈が、民間の本屋、図書館、民間の会場への圧力

2015年、反レイシズム界隈が、民間の本屋、図書館、民間の会場への圧力



★本屋の店員や店長への圧力。
★図書館への圧力。
★公民館の会場への圧力。
★民間の会場での催しに対し、その民間の会場の責任者への圧力。


2015/02/09 WiLL v.s NOヘイト〜出版業界と「ヘイト本」ブーム
第一部:木瀬貴吉(ころから代表)×花田紀凱
第二部:野間易通(C.R.A.C.)×古谷ツネヒラ(評論家)

【反ヘイト本に付箋びっちりチェック入れてる花田に対し、ヘイト本はタイトルと見出ししか読んでいなかったころから代表。これはいかんね…。】
https://twitter.com/Kino_Toshiki/status/564739921999441922

2015.02.11.「リテラ」(梶田陽介)
「ヘイト本というほうがヘイト!」 花田紀凱「WiLL」編集長がネトウヨ論理丸出しで逆ギレ!
2015年2月28日 「Yahooニュース」花田紀凱
「NOヘイト!」本はトンデモ本だ。

★ 西村幸祐氏大阪講演会、反レイシズム界隈から圧力で中止



2015/03/29予定だったのを中止
『21世紀の脱亜論』発売記念!西村幸祐トークライブ 
戦後70年と21世紀の脱亜論
【出演】 西村幸祐【特別ゲスト】 石平(評論家)
2015.3.29 (日)会場:梅田NOON+CAFE
主催者は大阪のレコード&CDショップ:VELVET MOONのスタッフで。梅田NOON+CAFEのオーナーは金光正年氏は抗議が殺到してから「勉強不足で知りませんでした」と反省と謝罪をした。
3/23に、クラブ側が、主催者から中止措置を連絡してきたと告知。

クラブNOONの西村幸祐講演会に、反レイシズム界隈が批判殺到で中止問題
http://togetter.com/li/799001

★富田安紀子氏に反レイシズム界隈から圧力かかりまくる

話題の漫画『日之丸街宣女子』著者は手塚賞受賞作家だった
http://matome.naver.jp/odai/2143288490910935901

==============
第15回紫雲荘ワークショップ「高岩ヨシヒロ×富田安紀子漫画家夫婦あるあるを語る!」が7月5日(日)午後6時30分〜より豊島区トキワ荘通りお休み処にて開催
=============
のはずが。抗議殺到で主催者が5/27に中止を発表。

★福岡の反原発運動に圧力

佐藤悟志氏がtwitterで福岡に行って6/5反原発運動に参加するのを書いたら。
反レイシズム界隈がその福岡の反原発運動に「ヘイトアラートを出す」と圧力。
その福岡の反原発運動は5/28に佐藤氏の参加をお断りすることを公表。
レイシズム界隈がその福岡の反原発運動に「ヘイトアラートを解除する」と告知。

佐藤氏が外山恒一氏に会うことも書いていたので、反レイシズム界隈が外山氏にも「ヘイトアラート」を出すと告知。
でも外山氏はtwitter上で佐藤氏を擁護。


★ 鳥肌実のライヴの会場に圧力かかりまくる

6/18(木)「鳥肌実が出演するイベントは主催者と協議の結果、当店での開催は中止しました」
福岡・親富孝通りのCLUBKieth Flack

6/23日の鳥肌実、佐賀公演は主催者側と協議の結果、中止とさせて頂きます。
ご了承お願い致します。
佐賀のライブハウス・RAG-G ・RockRide・Livebar Riff・TAスタジオ

スポンサーサイト

言論への圧力の問題の歴史 資料

この事件は公権力の強制力を伴う法規性や言論規制ではなく、言論による批判の結果として、あるいは広告収入に過度に依存し萎縮した結果として、言論機関が自主的に廃刊を決定したもので民事裁判にもなっていないため、憲法学上の概念としての「言論の自由」に対する弾圧事件ではなく、正確には「未係争の民事紛争事件」である。


1995

マルコポーロ事件
この事件は公権力の強制力を伴う法規性や言論規制ではなく、言論による批判の結果として、あるいは広告収入に過度に依存し萎縮した結果として、言論機関が自主的に廃刊を決定したもので民事裁判にもなっていないため、憲法学上の概念としての「言論の自由」に対する弾圧事件ではなく、正確には「未係争の民事紛争事件」である。
1995年1月に日本の文藝春秋が発行していた雑誌『マルコポーロ』が、内科医西岡昌紀が寄稿したホロコーストを否定する内容の記事を掲載したことに対して、アメリカのユダヤ人団体サイモン・ウィーゼンタール・センターなどからの抗議を受けて同誌を自主廃刊したこと、及び当時の社長や編集長が辞任解任された事態を指す。この事件は、日本における「歴史修正主義」あるいは「ホロコースト否認論」を巡る状況のなかで、最も広範囲に話題となったもののひとつである。また、日本の出版界の商業主義、過度な広告依存、スポンサーへの過剰萎縮などの議論のきっかけとなった。
1995年1月17日 雑誌『マルコポーロ』 2月号発売
1月30日 文藝春秋は編集権は執筆者ではなく編集部であり発行責任は出版社自身にあるとして西岡には相談せず、出版社として「記事は誤り」と発表し公的な謝罪をすると共に、『マルコポーロ』の廃刊と花田紀凱編集長の解任し、記事に関係する幹部構成員を更迭した。


行動する保守界隈による京都朝鮮学校襲撃事件、東京新大久保の商店街への嫌がらせ、ヘイトスピーチ問題

2013年2月24日、右派系市民団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)・「神鷲皇國會」および「チーム関西」傘下の各団体は共同で「日韓国交断絶国民大行進 in 鶴橋」と題したデモを開催した。
デモ終了後に参加者らが鶴橋のガード下で街宣活動を行っていたところ、参加者の一人である少女(協賛団体「愛国播磨女会」代表、当時中学2年生)が拡声器を用いて以下のような発言を行った。「鶴橋大虐殺を実行しますよ!」
ネット上でも大々的に話題になった。

行動する保守界隈への反対活動「カウンター」が勢いを増してきた。
屋外での活動に対して、「差別反対」のプラカードを掲げたり、主催者に対して直接現場で抗議をするなどの活動が目立っていた。

2015

反レイシズム界隈によるカウンター活動が屋外での対抗だけではなく、屋内での活動や活字に対しても圧力が強くなる。それにたいする批判が殺到。
「NO!ヘイト」という出版業界人の集まりが、「ヘイト本」批判を始める。
本屋の店員や店長への圧力。
図書館への圧力。
公民館の会場への圧力。
著名人の民間の会場での催しに対し、その民間の会場の責任者への圧力。

01/07  シャルリー・エブド襲撃事件
フランス・パリ11区にある風刺週刊誌を発行している「シャルリー・エブド」本社に覆面をした複数の武装した犯人が襲撃し、警官2人や編集長、風刺漫画の担当者やコラム執筆者ら合わせて、12人を殺害した事件、およびそれに続いた一連の事件である。報道と表現の自由をめぐる議論が起こった。

05/22 民主党の有田芳生議員や社民党の福島瑞穂議員など国会議員7人が、「人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案」を参議院に提出した。ただし、罰則規定はない。
不成立。

06/05 全国で初めてヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)の抑止策をまとめた大阪市の条例案が市議会に提出され、5日の財政総務委員会で議論されたが、不成立。

06/11 元少年A『絶歌』発売
1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件の加害者の男性が、「元少年A」の名義で、事件にいたる経緯、犯行後の社会復帰にいたる過程を綴った手記。太田出版から出版された。初版は10万部である。なお、太田出版は6月17日、今後も出版を継続する意向を公式ウェブサイトで表明し、増刷する予定だという。
図書館によっては置くか置かないかの対処が違う。

お客様からのリクエスト「ユダヤ人問題」 その調整


お客様からのリクエスト「ユダヤ人問題」 その調整





TWITTERで講演会の告知をしていたら。


予約客様から「ユダヤ人問題はないのですか?」


冷やりとしました。

西岡氏からは事前に「ユダヤの陰謀論とかにはするつもりはない」と厳重注意を受けていましたので。

それに私はRK氏の元会員で退会したのにいまだに「元RKファンのユダヤの陰謀論者」って悪口の文脈で言われていますしね。西岡氏には迷惑をおかけしないように、「言論弾圧の問題」を中心にするつもりでした。

その予約客様は見識のある方で、下劣な差別的な劣情を刺激するような陰謀論嗜好でないのはわかります。
慎重に、どういうのをお求めでしょうかとお聞きして。その内容次第ではリクエストをすることをお伝えしました。

そのリクエストは、常識的なもので安心をしました。
西岡氏にはリクエストをお伝えしました。

西岡氏は、リクエストにはできる限りこたえたいけど。そんなに詳しくないと謙遜をしました。いえいえ、十分ですよ。











講演会も懇親会も、西岡様のご自由にお任せします。
これはあくまでもお客様からのリクエストで、ご一考をくださればいいなという程度ですが。

平兵衛 ‏@heibay氏からのリクエストで、ユダヤ人問題を取り上げてほしいとのこと。
とは言っても下劣な陰謀論ではなくて、欧米の文化、クラシック音楽への憧れがあって、ユダヤ人差別の問題も興味があるとのこと。
懇親会でもいいですので、できればよろしくお願いします。


========================
中世において、異教徒なのでローマにお布施をしないことで、差別をされるが、識字率が高いので商業・金融(証文が必要)に重宝されたようですが、歴史上、なぜ差別されてきたかですね。
近年でも ソ連においてユダヤ人差別がなぜ起こったのかが知りたいのですが。

スファラディー系ユダヤ人は陰謀論にちかいですが。。
http://heibay.exblog.jp/12932322/

オーストリア・ハンガリー帝国の近世におけるユダヤ人とナチス
http://heibay.exblog.jp/16296620/

フランクフルトのユダヤ博物館は旧ロスチャイルド邸
http://heibay.exblog.jp/16666878/

ソ連におけるユダヤ人問題をこっそり扱っている映画「オーケストラ」
https://youtu.be/jyxtWUsvBBM

==============

西岡様の『ムラヴィンスキー―楽屋の素顔』で、ムラヴィンスキーが新規の楽団員に非ユダヤ人を採用したら古参のユダヤ人楽団員たちが差別ではないのかと疑って緊張関係になったとか。西岡氏は彼はそんな差別するような方じゃないと擁護していましたけど。
ソ連の芸術の世界でのユダヤ人差別の話題にお詳しそうですし。そういう話題で興味が同じで盛り上がれそうです。
懇親会で、ワインとオードブルとスイーツで、欧米の芸術などの話で話題で語り合えそうですね。






ささやかなブックフェアで西岡様の御著作を展示するのと。
懇親会ではワインとオードブルとスイーツと食後酒も企画をしていますので。

ご要望がおありなら遠慮なくおっしゃってください。






西岡氏からのお返事は、お客様からのリクエストにはできるだけお応えしたい。

でも、ガス室問題なら詳しいけど、ユダヤ人問題にはあんまり詳しくないので期待ほどではないかもしれませんとご謙遜をなさっていました。
西岡様の能力なら十分満足です。

西岡氏からの提案「ヘイトスピーチ規制法推進派との討論を」





> 一案ですが、「ヘイトスピーチ規正法」制定を求める様な人士をあえて誘ってみるなんて言ふのはいかがでしょうか?私は、意見の違ふ人と議論する方が好きなので、そう言ふ方たちが来てくれたら嬉しいです。でも、荒れるかな(笑)。

すごいいいアイデアですね!
私は大歓迎ですが。
ですが、反レイシズム界隈は偏狭なのだらけです。敵認定した者にはガン無視や排除していますからね。私は反レイシズム界隈から嫌われてて、反レイシズム界隈が作った「ぶろっくやっちゃうよ君」というブロックリストに私は放り込まれたので、反レイシズム界隈からほとんどブロックされています。ですので、私からtwitterに直接メンションをしても通知が届かないシステムになっています。
でも、twitter上で大々的に告知をしてみるだけしてみますね。

討論は、今からシステムを考えるのは困難かと思います。時間配分や、司会が調整するのはかなり難しいです。
今回は、西岡様の講演会の前に30分ぐらい言い分を述べてもらうとか。
そして、いつか又機会を設けて、討論会を設定してもいいですしね。
それとも今回は、初めてだらけだし、私一人幹事だし段取りもひ弱いし。反レイシズム界隈の方を招致をして討論会をするのは今回は諦めて、将来の目標としてもいいです。一応blogやtwitterでは、7/5にやるか、将来の目標にするか迷っていますと告知を出しますね。

でも反レイシズム界隈は偏狭だから、ガン無視されるかもしれません。


=============
12:00 開場
(受付)

13:00~13:30に、ヘイトスピーチ条例を大阪市に求める方の言い分を講演会をしてもらいましょうか?
変なやつがグダグダにしたら困るからある程度のクオリティのある方という条件で選別をします。

13:30~13:40 準備と前説と音楽
13:40~14:40 第一部 講演会 1,500 円
15:00~17:00  懇親会

=================









西岡昌紀氏からすごい提案があります。
「「ヘイトスピーチ規正法」制定を求める様な人士をあえて誘ってみるなんて言ふのはいかがでしょうか?私は、意見の違ふ人と議論する方が好きなので、そう言ふ方たちが来てくれたら嬉しいです。でも、荒れるかな(笑)」



私もヘイトスピーチ規制法には反対ですが。それでも意見の違う方を招致をして意見を聞くことは大賛成です。
ただ問題は、ヘイトスピーチ規制法推進派で堂々とお越しになる方がいるか? たぶんガン無視かと思います。私は嫌われ者で完全敵認定されてて排除されてますしね。


でも、twitter上で大々的に告知をしてみるだけしてみますね。


討論は、今からシステムを考えるのは困難かと思います。時間配分や、司会が調整するのはかなり難しいです。
今回は、西岡様の講演会の前に30分ぐらい言い分を述べてもらうとか。その間一切妨害はしません。

今回は無理でも、将来の目標として、つか又機会を設けて、討論会を設定してもいいですしね。

【拡散希望!】
7/5(日)西岡昌紀氏大阪講演会と懇親会
ヘイトスピーチ規制法推進派側の方の言い分もお聞きして討論会を企画できないか考え中です。常識的な条件ならのみます。ただし選別と拒否ありです。






関西にいい人材がいないのが悩みです



はい。上手くいけば歴史に残る資料になるのですが。上手く人選と事前の段取りと司会と調整がないとグダグダになりますからね。朝ナマやサンデープロジェクトみたいなの嫌いなの。RK氏や反レイシズム界隈がチャンネル桜を敵認定をしていますけど、討論会としてはまだマシな部類です。

この問題で有能な司会と調整ができそうなのは●●様ぐらいかしら。ただ敵が多くて表に出たらがらないのが残念ですが。

それと反レイシズム界隈でまだマシな論客が松沢呉一ぐらいで。彼は反対派ですが、大阪市の条例は条件付きで渋々消極的賛成というぐらいとか。

後はヘイトスピーチ規制法推進派で独善と偏狭な方々ばかりですからね。

関東の方に人材が集中するのもあるけど。関西の反レイシズム界隈は特にひどいのばかりですね。前々から、「関西の市民活動や人権活動家たちや左翼はひどいのばかりや」とは言われていますね。頭数が少ないから独善的なのでも切らない→ますます人が寄り付かなくなるの悪循環らしいです。


関東方面でもし企画をするとしても、誰がいるのでしょうか? 

noiehoieはいいこともいう部分もあるし評価されるのは分かる部分もあるけど、詭弁のテクニックで、嘘くさい人間性が匂います。個人的には嫌。

意見は違えど人間性は悪くないって方はなかなかいませんね。


「西岡昌紀氏マルコポーロ事件から20年」をテーマにブックフェアを企画

「西岡昌紀氏マルコポーロ事件から20年」をテーマにブックフェアを企画

7/5(日)当日には、シチズンの店内のテーブル上に平積みで展示する予定です。




西岡昌紀『アウシュウィッツ『ガス室』の真実/本当の悲劇は何だったのか』 (日新報道・1997年)の一部(第一章)を全文
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-72.html




シチズンの本棚には既に、西岡氏の本『アウシュウィッツ「ガス室」の真実―本当の悲劇は何だったのか?』が置かれていました。シチズンのマスターのプロ意識には頭が下がります。
これが正規の単行本です。

この本をAMAZONで検索をした時は古書価格9千円以上の高値がついていました! 目の玉が飛び出ました!
( д) ゚ ゚

それから少し経ってから6/28現在の価格が3,230円に低下していました。それでも古書の価格維持には驚嘆しています。




AMAZONで安いのでオンラインオンデマンドでペーパーバック版のがあったのでそれで注文をしました。
未だ開封はしてはいないので現物がどう違うかは分かりません。




これも古書なのに価格維持をしています。




実は私が西岡氏にリアルタイムで知ったのは、どちらかといえば、『宝島30』『噂の真相』『週刊SPA』からです。

あの時の泥沼の騒動をリアルタイムで知ってるから、小林よしのりって下劣な人間性をしているなというのは肌身でわかる。

小林よしのりに無茶苦茶批判をされた西岡氏が、反論をするという。




西岡昌紀「知られざるポーランド現代史の闇」
http://web-wac.co.jp/magazine/will/201506_w

2015年6月号に掲載された西岡昌紀「知られざるポーランド現代史の闇」がウェブサイトASREADにも転載されました。
http://asread.info/archives/1902



西岡氏は2015年の今も意気軒昂。この記事は素晴らしい。

この『WILL』編集長が花田氏。そう、当時の『マルコポーロ』の編集長で上からの処置で廃刊処置を取られ退職して、転職をして生き残り、そして新雑誌で編集長になり、又西岡氏の記事を採用。

言い訳がましく思われるかもしれませんが。
『WILL』は、反レイシズム界隈から敵認定をされてる雑誌で、花田編集長も敵認定をされています。

別に『WILL』も花田編集長にも全面肯定し宣伝広告をするつもりはないですけど。
一部でもいい部分があれば、それを褒めますので。

左翼のマスターのシチズンでのブックフェアでまさか『WILL』も並べるとは不思議な組み合わせですけど。
シチズンのマスターは左翼の魂と気骨があって、思想が違っていてもお受けすると公言しています。






『WILL』は、反レイシズム界隈から敵認定をされてる雑誌で、花田編集長も敵認定をされています。



2015年の2/9に、花田氏が、反レイシズム界隈から「ヘイト本」って罵倒されてて敵認定をされてたけど。
まともな品性の者なら、反レイシズム界隈の方が暴走してるなというのがわかる。

2015/02/09 WiLL v.s NOヘイト〜出版業界と「ヘイト本」ブーム
http://togetter.com/li/780770

出版業界の「NOヘイト!」側への批判
http://togetter.com/li/782966

出版業界の「NOヘイト!」側への批判 2
http://togetter.com/li/782966

この後、花田編集長は、反レイシズム界隈を徹底批判をしていた。


差別糾弾者たちの偏狭さとダメさで、批判された側が不当に思いかたくなになる様がよくわかる。















1995年当時の『噂の真相』は本当に面白かった。

IMG_0849[1]


IMG_0850[1]


IMG_0851[1]

『噂の真相』1995年8月号
「極秘裏に開催された『マルコ』廃刊儀式  文藝春秋「ユダヤ研修」の"卑屈なる精神"」

この記事がすごい面白い!


IMG_0852[1]


7/5(日)西岡昌紀氏大阪講演会告知 チラシを元に簡略版

7/5(日)西岡昌紀氏 大阪講演会と懇親会
マルコポーロ事件から 20 年
2015 年今こそ、西岡昌紀氏を招致する! 今、西岡昌紀氏が重要。
「言論の自由と差別問題」シリーズ




西岡昌紀twitter


marco.jpg





西岡昌紀『アウシュウィッツ『ガス室』の真実/本当の悲劇は何だったのか』 (日新報道・1997年)の一部(第一章)を全文
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-72.html












Will199506.jpg

西岡昌紀「知られざるポーランド現代史の闇」
http://web-wac.co.jp/magazine/will/201506_w

2015年6月号に掲載された西岡昌紀「知られざるポーランド現代史の闇」がウェブサイトASREADにも転載されました。
http://asread.info/archives/1902






12:00 開場

(受付)

13:30~13:40 準備と前説と音楽

13:40~14:40 第一部 講演会 1,500 円
(ソフトドリンク 1 杯込の値段)
(オプション 200 円でアルコール飲料かケーキセットに変更可)
(店には飲食メニューあり)
(食べ物の持ち込み容認)
(幹事に事前予約でオードブル 1,000 円。詳細は告知 blog を)

15:00~17:00 第二部 懇親会(事前予約で 15 名限定) 3,000 円
(フリードリンク、オードブルやスィーツ込)
ティータイムのスイーツバーみたいに、シャンパンやワインを開けて、
軽食も色々揃えてます。食後にコーヒー紅茶や食後酒とミニャルディーズを。




場所 討論 BAR シチズン
大阪市浪速区日本橋 5-14-20 越前ビル 1F
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1-B 西出口より南に徒歩1分




企画・幹事 のら猫の手
メールアドレス noranekonote@gmail.com
SKYPE noranekonoteQQQ
電話 (090) 9616-4269
事前予約制なのでこちらにご連絡ください。
告知 blog
http://goo.gl/K9xakl




2015 年の今、西岡昌紀(まさのり)氏が重要な論客で歴史上の生き証人。
「今こそ、言論の自由と差別反対との折り合いとを考える」

1995 年 マルコポーロ事件 当時、文藝春秋社が発刊していた月刊誌『マルコポーロ』上で、西岡昌紀氏は「アウシュビッツに処刑用ガス室はなかった」とする自説を寄稿。直後、文藝春秋社は、ユダヤ系人権団体サイモン・ウィーゼンタール・セン ター(Simon Wiesenthal Center、略称 SWC)とイ スラエルからの抗議を受けました。

この結果、文藝春秋社は、著者である西岡氏に相談しないまま、記事の
内容を撤回・謝罪した上、『マルコポーロ』を廃刊に
し、編集長であった花田紀凱(かずよし)氏を解任し ました。

西岡昌紀氏の論文の是非については色々意見が別れるでしょう。西岡昌紀氏の論文とは考えが違う方々も歓迎しますので。自分の考えとは違う意見が大手メディアに掲載された場合、どう対処すべきか。共に考え ましょう。

イベント企画の趣旨を詳細に述べたのは以下
http://goo.gl/W3AXoQ




2015 年の今現代につながる問題

在特会など行動する保守
ヘイトスピーチ 差別反対活動家たちの圧力問題
ヘイトスピーチ規制法の是非
サイモン・ウィーゼンタール・センターへの毀誉褒貶
あれから 20 年がたっても、いまだに言論の自由と差 別問題と圧力との問題でもめています。
差別問題と、言論の自由との折り合いはどうすべき か?
その歴史上の生き証人を招致して、語り合える機会を いかしたいです。

シチズンのマスターも元左翼の魂のある気骨のある 方です。「在特会でもお受けする」と公言しています。






講演会の前に早めに会場でランチもできます。

(店には飲食メニューあり)

(食べ物の持ち込み容認)

(幹事に事前予約でオードブル 1,000 円。詳細は告知 blog を)
詳細なプログラミングは以下
http://goo.gl/Ie0mlT

コメディナンバーワン自然食オードブル10人前delivary_ph09

IMG_0800[1]



講演会の後の懇親会は、事前に予約制で、15 人少人数限定
でさせていただきます。
西岡氏は話題豊富。海外に詳しく、外国語ができる。
海外のクラシック音楽に詳しく歴史上の偉人とも接してき
ました。堅苦しい問題だけじゃなく、楽しい話題もできそ
うです。
15~17 時なので、お茶会とスイーツバーとを兼ねたような
ものを予定しています。シャンパンやワイン、チーズやス
イーツ、そしてコーヒーか食後酒とミニャルディーズなど。
懇親会の詳細なプログラミングは以下
http://goo.gl/Ie0mlT



coffeecognac.jpg

http://www.cognacpro.ru/Cognac.php?Rid=61

西岡昌紀氏大阪講演会2015.07.05チラシ

西岡昌紀氏大阪講演会2015.07.05チラシ 表一枚目

http://noranekonote.up.seesaa.net/image/E8A5BFE5B2A1E6988CE7B48020150705E38381E383A9E382B7E8A1A81E69E9AE79BAE.pdf



セブンイレブン ネットプリント 
44452959
有効期限 2015/07/10

西岡昌紀氏大阪講演会2015.07.05チラシ 裏二枚目

http://noranekonote.up.seesaa.net/image/E8A5BFE5B2A1E6988CE7B48020150705E38381E383A9E382B72E69E9AE79BAE.pdf



セブンイレブン ネットプリント 
55071442
有効期限 2015/07/10

7/5(日)西岡昌紀氏大阪講演会と懇親会 幹事が用意するオードブルの予定【改訂版】






7/5(日)西岡昌紀氏大阪講演会と懇親会 幹事が用意するオードブルの予定【改訂版】

事前にメールでの予約で、15名限定で。

講演会は、休憩をはさみながら、短時間ずつで語っていただいて。

講演会の後、休憩時間に、討論BARシチズンのマスター夫妻の支持にしたがって、テーブルや席を移動させて円卓状態にする。主賓を一番目立つ場所に座らせて、他のお客様が囲むように座って。そして懇親会












料金設定の予定

第一部 
12:00開場
   (受付)
13:30~13:40 準備と前説と音楽
13:40~14:40 第一部 講演会 1,500円
 (ソフトドリンク1杯込の値段)(オプション200円でアルコール飲料かケーキセットに変更可)
 (食べ物の持ち込み容認)
 (幹事に事前予約で、オードブル1,000円)


第二部 15~17時予定 懇親会(事前予約で15名限定)  3,000円(フリードリンク。オードブルやスィーツ込)





お客様へのお願い

日曜日のランチタイムに開催をしますので。
店にはメニューがあり、ソフトドリンク、アルコール飲料、カレー、ピラフ、パスタ、ケーキなど注文が可能です。
講演会の邪魔にならないように講演会の前に食べていただくか。
事前にテーブルに着席をして料理を注文をしておいて講演会中は静かに飲食してください。
講演会中はできるだけ料理の注文を控えてください。
 (幹事に事前予約で、オードブル1,000円)

第一部講演会に幹事が準備する予定の料理と、第二部懇親会に準備する予定の料理は、こちらのエントリーにまとめましたので。
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

食べ物の持ち込みはOKですので、お客様もご持参下されば助かります。ご相談ください。
特に懇親会の時のお菓子か、甘いものが嫌いな方のためにチーズか何か。

メールアドレス noranekonote@gmail.com
SKYPE noranekonoteQQQ
電話からでも通話可能なskype番号 (050) 5539-9639







コンセプトは、日本人が国際的な重要用人物を招致してのホームパーティ。

犬養道子氏の名著『日本人が外に出るとき』を参考にして、日本人が海外でホームパーティを開くさまを参考にします。




http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/605/


犬養道子氏の本での海外での日本人が外人を招待するホームパーティを参考にした部分は
がんばりすぎないこと
日本人はがんばりすぎるのが欠点
料理は気軽な作り置きでいいから、後は会話を重視すること

まねをできない部分

日本のすばらしいお皿を使いたいけど、準備と後片付けが大変なので、紙の使い捨てのお皿と割り箸で。

日本のすばらしい生地をテーブルクロスやマットにしたいけど、これも使い捨てのテーブルクロスや紙ナプキンで。
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/606/



隣の中華料理屋が休みなので。日曜日でも可能な宅配料理店に注文する予定です。
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
その中でも、自然食やベジタリアンの店から野菜オードブル盛り合わせを選ぶ予定です。
http://www.komeday.com/delivary.html
http://www.kenko-bento.com/2010/03/party/




コメディナンバーワン自然食オードブル10人前delivary_ph09


野菜オードブル盛合せ お一人様 2060円を10人前
===============
パーティー・オードブルをボリュームたっぷりに盛り合わせしました。
食事会・パーティーに最適です。
デリ5品、主菜、サラダ、天然酵母パン2種、オーガニックケーキ、フルーツ2種
10人前からご注文をたまわります。<写真は、10人前 20000円>
直径36センチ皿
=============
パーティ用にフィンガーフードや串刺し等をお願いしました。野菜スティックに野菜ディップとか。

自然食レストラン「米ディナンバー1」より宅配をお願いしました。
http://www.komeday.com/delivary.html


それに、私が色々持参する予定です。
欧米の珍しい缶詰、
成城石井でクラッカー、フルーツ、ドライフルーツ(デーツ、乾燥いちじく)、ナッツ、チーズ、チョコなど。
それとお酒にスパークリングワイン、食後酒にコニャック、リキュールのミニチュアボトルを。

IMG_0800[1]


夏にオススメ 冷たいワインに合うチーズ
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO88513060V20C15A6W03501/

夏はチーズの季節とか。牛や山羊が春に子供を産んで、夏ごろにチーズのシーズンとか。
でもお値段は高いですね。


他のお客様方もご持参下されば、お安い値段で豪勢な飲食の懇親会になるかと思います。

食べ物は持ち込み可能ですので。
懇親会にはフリードリンク料金2千円を店に支払えば、飲み物の持ち込みも可能ですので、事前相談しましょう。








第二部 懇親会

★スパークリングワインをあけて主催の西岡氏に感謝。
西岡氏はトークの前は軽食とコーヒー程度のため、西岡氏には特別にオードブルを準備しておきます。チーズ、ナッツ、ドライフルーツ、フルーツ、クラッカー、その他色々、オードブル、デザートを並べる。
お酒好きな方のために、お酒とオードブルか、今注目のスイーツバーみたいにお酒とスイーツの組み合わせもいいし。
お酒が苦手な方、スイーツが苦手な方のために多種多様な物をご用意します。

その後に、コーヒー(紅茶、ジュース)と食後酒(コニャック、リキュールのミニチュアボトル)に、ミニャルディーズ(Les Mignardises ) としての小さなチョコレート。
★15:00~15:30 参加者全員が自己紹介
★15:30~16:45 質問状を読ん答えたり会話をして。
★16:45~17:00に主賓西岡氏の最後の締めとお別れのご挨拶
★17:00に終了と西岡氏が店を出発。参加者みなさんで西岡氏をお見送りと盛大な拍手

★食後に!
・ コーヒーか
・ 食後酒か
(アルコール度数のキツイお酒で。ブランデーのコニャックか。甘いリキュールか)
・ カフェとコニャックを同時に飲むか! 
・ ミニャルディーズ(Les Mignardises )  コーヒーか食後酒にそえるおつまみに小さなお菓子のこと。例えば、チョコレートや、焼き菓子、マカロン、マシュマロなど様々。

日本人の感覚では、デザートとお茶を一緒にセットがいいのに。欧米では、デザートを食べ終えてから、それからコーヒーって!


欧米では、食後にコーヒー以外にも、食後酒を飲んだり、食後酒に添えたショコラをつまむ習慣があるとか!
食後酒はアルコール度数のキツイお酒で、ブランデーのコニャックか、甘いお酒か(薬効のあるハーブ系のベネディクティンか、オレンジの混ざったグラン・マルニエとか)
肥満に悩む欧米人は、時代とともに、チョコレートの代りに、「(コニャックとチョコレートではなくて)コニャックにはブラックコーヒーを!」
欧米では、食後にブランデーとブラックコーヒーを同時に飲む習慣があるとか! 驚いた!

欧米ではショコラは大人の食べ物で子供には食べさせないとか!
食後のコーヒー。コーヒーは夜の飲み物で、紅茶は朝と昼の飲み物とか。


キャビンアテンダント・フライトアテンダントのための≪西洋料理サービス講座≫
http://www.stwds.com/active/lesson/westernfoods/3.html
西洋料理のマナーの解説がすごい驚きましたよ。
メインディッシュ → チーズとパン → デザート → 食後のコーヒーか、食後酒、それにそえるミニャルディーズ(小さなお菓子)
チーズやデザートを食べ終わってから、それから食後のお酒かコーヒーなのね。
食後にコニャックとチョコレートをつまみながら語り合う習慣があって。
【肥満に悩む欧米人は、時代とともに、チョコレートの代りに、「コニャックにはブラックコーヒーを!」という組み合わせを好むようになり、それが一般的になりました】
食後に、コニャックとコーヒーとを同時に飲む習慣があるのね。
その詳細な解説がすごい。

メインディッシュの後にチーズを食べる習慣も驚きました。ネット検索をしたら、その説明が色々載っててなるほどなって。

飛行機の飲食の情報も憧れるし参考になる。


チーズとフルーツと生野菜とポートワインとシャンパンタイ航空
チーズとフルーツと生野菜とシャンパンと
http://www.airliners.net/aviation-forums/trip_reports/read.main/255449/




coffeecognac.jpg

http://www.cognacpro.ru/Cognac.php?Rid=61




デザートとコーヒーとコニャックトルコ航空
Dessert along with coffee and cognac
http://www.airliners.net/aviation-forums/trip_reports/read.main/162309/


デザートとコーヒートコニャックタイ航空

Following this course the desert was offered which I took along with a drop of Cognac and a coffee, the coffee was good, nice and strong.
http://www.airliners.net/aviation-forums/trip_reports/read.main/255449/


食後のチョコとコーヒーとコニャックエアフランスのエコノミー

http://www.flyertalk.com/forum/20501752-post1.html
after meal coffee, chocolates and cognac
フランス航空のエコノミークラス、この簡素さに笑った。










7/5(日)西岡昌紀氏大阪講演会と懇親会 マルコポーロ事件から20年 「言論の自由と差別問題」シリーズ【改訂版】





7/5(日)西岡昌紀氏大阪講演会と懇親会 マルコポーロ事件から20年 「言論の自由と差別問題」シリーズ
【改訂版】

12:00~ 開場         
12:30~13:20 (受付)
13:40~14:40 第一部 講演会 (事前予約制) 1,500円 (ソフトドリンク1杯込の値段)(追加の飲食物についての詳細は下記を参照)
15:00~17:00 第二部 懇親会(事前予約で15名限定)  3,000円(フリードリンク。オードブルやスィーツ込)

場所 討論BARシチズン →HP
〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-14-20 越前ビル1F

企画・幹事  のら猫の手
メールアドレス noranekonote@gmail.com
SKYPE noranekonoteQQQ
電話からでも通話可能なskype番号 090-9616-4269

事前予約制なのでこちらにご連絡ください。







今こそ、西岡昌紀氏を招致する! 今、西岡昌紀氏が重要。


西岡昌紀twitter
西岡昌紀氏twiterより
https://twitter.com/nishiokamasanor

西岡昌紀氏はマルコポーロ事件で有名になった方です。あの事件から20年が経過しました。

マルコポーロ事件 →WIKIPEDIA

西岡 昌紀(にしおか まさのり) →WIKIPEDIA






西岡昌紀『アウシュウィッツ『ガス室』の真実/本当の悲劇は何だったのか』 (日新報道・1997年)の一部(第一章)を全文
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-72.html





花田 紀凱(はなだ かずよし)氏は、文藝春秋社を退社した後になっても月刊『WiLL』花田 紀凱(はなだ かずよし)編集長になり、20年後の今も、西岡昌紀氏の原稿を雑誌に掲載を続けている。

Will199506.jpg
西岡昌紀「知られざるポーランド現代史の闇」

http://web-wac.co.jp/magazine/will/201506_w

2015年6月号に掲載された西岡昌紀「知られざるポーランド現代史の闇」がウェブサイトASREADにも転載されました。
http://asread.info/archives/1902



私が企画しているシリーズの一環です。
「今こそ言論の自由と差別反対活動家たちによる圧力問題とを考える」





西岡昌紀氏 講演会と懇親会を今なぜ大阪に招致をし企画幹事をするか。その意図を説明します。


西岡昌紀氏の論文の是非については色々意見が別れるでしょう。

西岡昌紀氏の論文とは考えが違う方々もどうぞお客様としてご参加なさるのを歓迎しますので。
妨害さえしなければ構いません。もし妨害だと判断をすれば主催者の判断で退店を命じます。
そして自分の考えとは違う意見が大手メディアに掲載された場合、どう対処すべきか。そのこともよく考えをまとめた上でお越しください。
今回は時間がないのでその論文の是非については語り合う時間がありませんが、いつか又余裕があれば語り合うのもいいのっですが。今回は言論の自由と折り合いの是非についてをテーマにします。


企画者の私が彼を招致して講演会と懇親会とを企画幹事をしたい意図は。
メディアに他人様が自分とは違う考えが掲載をされた場合はどう対処すべきか?
これが重要です。

広告主によって裏から圧力をかけて雑誌を廃刊に追い込んだことに対して、その手法に対して批判がありました。

私もその手法には違和感を感じました。
こんなまねをするから「●●●の陰謀や!」って陰謀論者たちからの疑惑と炎上するのでしょう。

例え意見が違っていても、言論の自由を尊重をべき。違う意見が発表をされたならどう対処をすべきか。意見が違うなら反論を発表をして、後は読者からの判断に任せてどちがが支持を集めるかという方法を取るべき。
なぜ、真正面から反論文を書くということをしなかったのでしょうか?

今回、西岡氏を招致して語っていただきたいのは、マルコポーロ事件の当事者としての歴史の生き証人であることです。
2015年、今まさに、ヘイトスピーチ問題と、言論への圧力問題とそれへの批判とが紛糾しています。
過去の歴史から今につながる問題です。
言論の自由とは? 差別問題との折り合いとは?



2015年の今現代につながる問題

差別発言の街宣やデモと。
それへの対抗の活動が活発化と。
でも「差別反対」活動に対して、人々からの反対意見とで意見が別れだしてきました。

行動する保守の集合が在日への嫌悪を煽るデモや街宣が問題視され、それへの対抗とするカウンター活動が活発化。

私の考えですが。屋外でのヘイト丸出しキチガイデモ街宣に対抗したり、規制はまだ分かるけど。
屋内での催しや活字等に対しては、私はよほどのことがない限りたいていのことは容認します。本屋や図書館への圧力には反対です。

2015年頃から、反レイシズム界隈が、書店に対して「ヘイト本」を置くなと圧力をかけだしてきました。
図書館への圧力。
著者や出版社への圧力をかけだして。
反レイシズム界隈が、西村幸祐氏の大阪講演会に圧力をかけて潰しました。
反レイシズム界隈が、東京のトキワ荘プロジェクトによる漫画家夫婦を招致する催しを圧力をかけて潰してました。
その圧力に対して人々からの批判が殺到しています。

日本でもヘイトスピーチ規制法推進の動きと、そして反対の声と廃案と

反レイシズム界隈が行政に対して「ヘイトスピーチ規制法」を立法化するように働きかけていますが。
それに対しても推進派と反対派とに分かれています。

民主党の有田議員(反レイシズム界隈が支持応援)の推進する罰則規定ありの「ヘイトスピーチ規制法」が廃案になりました。
2015年、大阪市で罰則規定なしの穏健な「ヘイトスピーチ規制法」(反レイシズム界隈が支持応援)を推進する動きがありましたけど、延期(事実上の廃案)になりました。

差別問題と表現との折り合いでは、アメリカ基準、ヨーロッパ基準があります。
ヨーロッパでも各国で基準が違います。
ヨーロッパでヘイトスピーチを規制している国々がありますが、矛盾が激化し批判があります。


「ヘイトスピーチ」の定義は?

差別の国際基準とは?

サイモン・ウィーゼンタール・センター(英:Simon Wiesenthal Center、略称SWC)への毀誉褒貶と賛否

西岡昌紀氏が20年前にサイモン・ウィーゼンタール・センター(英:Simon Wiesenthal Center、略称SWC)から抗議されました。

サイモン・ウィーゼンタール・センター(英:Simon Wiesenthal Center、略称SWC)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルスにある寛容博物館(英語版)を運営する組織。
それをどう評価するか?

反レイシズム界隈が参考にし導入計画をする欧米基準を、どう評価するか? 
反レイシズム界隈が参考にするサイモン・ウィーゼンタール・センター(英:Simon Wiesenthal Center、略称SWC)を、どう評価するか?

これも人によっては意見が別れています。

20年も前の問題が、今も地続きなのです。

差別反対活動家たちが「差別だ」をふりかざして、言論への圧力が暴走していないか。
差別反対活動家たちが「差別だ」をふりかざしたら、たいていの人々は委縮して従ってしまいます。

あれから20年がたっても、いまだに言論の自由と差別問題と圧力との問題でもめています。

その歴史上の生き証人を招致して、語り合える機会をいかしたいです。

差別問題と、言論の自由との折り合いはどうすべきか?



私は、差別反対活動家たちからの中止の圧力に屈しませんので。

シチズンのマスターも元左翼の魂のある気骨のある方です。「在特会でもお受けする」と公言しています。








講演会と、そして懇親会。

懇親会は、事前に予約制で、15人少人数限定でさせていただきます。

西岡氏は、プロフィールやBLOGを見ると、話題豊富。
外国語ができる。
海外の芸術にも詳しい趣味人。



堅苦しい問題だけじゃなく。楽しい話題もできそうです。

懇親会は楽しいものになりそうです。

コンセプトは、国際的な要人を、日本人が招致をしてホームパーティを開催するというのでやってみたいです。
犬養道子氏の名著『日本人が外に出るとき』を参考にして、日本人が海外でホームパーティを開くさまを参考にします。
気楽に肩の力をぬいて、がんばりすぎないように、楽しみましょう。

懇親会の詳細なプログラミングは以下に紹介しています。
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-76.html





大まかな段取り

12:00~ 開場         

12:30~13:20 (受付)

13:20~13:30 準備と前説と音楽 

13:40~14:40 第一部 講演会 (事前予約制) 1,500円 (ソフトドリンク1杯込の値段)
(オプション200円でアルコール飲料かケーキセットに変更可)
 (店に飲食物のメニューがあります。カレー、ピラフ、パスタ、ケーキなど)
(食べ物の持ち込み容認)
 (幹事に事前予約で、オードブル1,000円をご用意します)

(休憩)
第一部だけのお客様をお見送り。
第二部から入場のお客様を受付
マスター夫妻の指示に従って、テーブルと席を移動して大円卓状にして、主賓の西岡氏を目立って皆に見えやすく話しやすい席に座っていただいて。周りをみんなで囲むように着席。飲食物を並べる。

15:00~17:00 第二部 懇親会(事前予約で15名限定)  3,000円
(フリードリンク。オードブルやスィーツ込)

★15:00~15:30 第二部の懇親会で、参加者全員が自己紹介を30分ぐらいとって。
シャンパンかワインをあけて主催の西岡氏に感謝。西岡氏はトークの前は軽食とコーヒー程度のため、西岡様には特別にオードブルを準備しておきます。チーズやその他オードブル、デザートを並べる。その後に、コーヒー(紅茶、ジュース)と食後酒にチョコレート。
★15:30~16:45 質問状を読ん答えたり会話をして。
★16:45~17:00に主賓西岡氏の最後の締めとお別れのご挨拶
★17:00に終了と西岡氏が店を出発。参加者みなさんで西岡氏をお見送りと盛大な拍手


第一部講演会に準備する予定の料理と、第二部懇親会に準備する予定の料理と段取りとコンセプトは、こちらのエントリーに詳細にまとめましたので。
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-76.html





お客様への事前のお願い

日曜日のランチタイムに開催をしますので。
講演会の邪魔にならないように講演会の前に食べていただくか。店に飲食物のメニューがあります。こちらで事前予約でオードブルをご用意もできます(千円)。
それか、事前に準備したお料理をテーブルに置いておいてご自分の席に着席をして講演会中は静かに飲食してください。
講演会中はできるだけ料理の注文を控えてください。
超多忙でギリギリに到着なさるかもしれない場合は事前にご相談ください。お料理を事前にこちら側で準備しておくことも可能ですので。

第一部講演会に準備する予定の料理と、第二部懇親会に準備する予定の料理と段取りとコンセプトは、こちらのエントリーにまとめましたので。
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-76.html


食べ物の持ち込みはOKですので、お客様もご持参下されば助かります。ご相談ください。
特に懇親会の時のお菓子か、甘いものが嫌いな方のためにチーズか何か。
noranekonote@gmail.com






事前予約制ですのでご了承ください。
参加希望者は事前にメールでご連絡をください。仮名でも構いませんのでお名前と、それと携帯電話の番号もできましたらお願いします。
事前にシチズンの口座にお振込みくださるか、当日の現金払いかもお教えください。
それと携帯電話での幹事との事前の対話もできましたら幸いです。

懇親会は15名限定にしますので。

もしよろしければ、事前予約のメールで、自己紹介や、西岡氏やこの企画についてのご自分の考えや、リクエストをお書き下されば幸いです。

メールアドレス noranekonote@gmail.com
SKYPE noranekonoteQQQ
電話からでも通話可能なskype番号 (050) 5539-9639




西岡昌紀氏大阪トークと懇親会、7/5(日)昼~夕方まで大体のスケジュールが決まりました!

日時は未定のまま計画をたててきましたが。
西岡昌紀氏講演会と懇親会 マルコポーロ事件から20年 差別と言論の自由との折り合い
http://mybookpublishevent.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

7/5(日)に決まりました。
そして大体の時間帯のスケジュールを決めました。

私は過去に夕方から夜の企画に一客となったり、企画幹事をした経験がありますが。
昼12時からのは経験がなくて、今考えてました。
ランチタイムと重なるので、講演会とランチとを折り合いがつくように考えました。
夕方からスタートの場合、講演会前にワンドリンクだけで、懇親会にメインの料理とお酒でしたけど。
今回は12時開場の場合は、メインの料理やおつまみを12時ぐらいに並べて。懇親会にデザートとフルーツ→コーヒーか食後酒とチーズとショコラとドライフルーツか。


西岡氏が17時終了として、それから逆算をして大体の骨組みを計画をしました。




★17:00に終了と西岡様が店を出発。参加者みなさんで西岡様をお見送りと盛大な拍手

★16:45~17:00に主賓西岡氏の最後の締めとお別れのご挨拶

★15:00~ 第二部の懇親会で、参加者全員が自己紹介を30分ぐらいとって。
15:30~16:45まで質問状を読ん答えたり会話をして。
チーズとパンかデザートを並べる。西岡様には特別にお食事かおつまみを。その後に、食後酒とショコラかコーヒーか、紅茶かコーヒーか日本茶か。

★14:40~15:00まで休憩で、この時に第一部だけのお客様が帰る。マスター夫妻の指示に従ってテーブルと椅子を大きな円卓上に並べ替えて、主賓の西岡氏を目立つ場所に座っていただいて、みんなも着席して。

★13:40~14:40西岡氏のトーク

★13:30~13:40トークへの準備、前説と音楽 トイレ

★12:30~13:30受付開始と、お客様におつまみとドリンクの注文を聞いて提供

★12:00開場、西岡氏と私と店のマスター(と協力者)とで初めてのご挨拶と軽い打ち合わせ

ランチタイムなので調整が大変
お客様が西岡氏トークの間中に料理の注文をされたら講演会の邪魔になるので対策を考えます。
トークよりも事前に食べ終えてもらうか。事前に料理の注文を終えてテーブルに並べておいて、トークの邪魔にならないように静かにおつまみとワインを飲みながら見られるようにします。
この時に、お客様はランチを食べるもよし、おつまみとワインでもよし。事前に注文をして置いて、西岡氏の講演会の邪魔にならないようにテーブルに並べておいて、静かに飲食も可にして。

 西岡様は講演会の前なのでお腹いっぱい食べると緊張感がぬけるし眠くなるかもしれませんので。せいぜい軽いおつまみとコーヒー程度にしてもらって。お料理で西岡様の食べる分はワンプレートに取っておいてラップをかけて、第二部の懇親会の時にそれを食べるようにしておいて、お酒も飲めるようにしますので。
私も同様にしますので。









管理人プロフィール
講演会の企画と幹事を引き受けて、その告知のためにこのBLOLをたちあげました。

Author:FC2USER493770RXI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR