講演会と懇親会についての質問への答えです

メールで質問が届きました。

要約しますが

趣旨がわからない。
言論人だけの集まりなのか? 
xx氏(私が名指しで批判をした方)がきても入場させるのか?

私のお返事です。


===========


xx氏(私が名指しで批判をした方)が来ることとかは全然想定していなかったです。
反レイシズム界隈の在日や被害者やその関係者たちに対して直接招待をしてもガン無視か拒否されてたし。
私は行動保守界隈からも反レイシズム界隈からもどちら側からも嫌われ者だから。
私から招待をしても絶対ガン無視か来ないだろうなと。
私が企画幹事をしても、客が全然来ないですね。ニッチな題材なのもあるけど、私がすごい嫌われ者だからと言うのもあるのでしょうね。

私の過去の企画幹事では、講演会をして。その後に講演者とお客さんとを囲んで対話をしながらお茶会か飲み会でした。過去に氷川渉氏の時に中宮崇氏が来るというメールが来たときは、ハラハラしましたけど、当日は彼は温厚で、他のお客様たちも大人の対応をしてくれて、大喧嘩にならずにすみました。大喧嘩になりそうな題材で、懇親会の時に微妙な言論人が来るとどうなるかとハラハラしますね。

○○様からのご助言をお受けして、twitterやブログでも、その件についてみなさまに申し上げますので。「講演会の後は、みんなでお茶会をします。参加者にも短時間ですが、自己紹介と意見の場を提示します。キチンとした意見交換の場にしましょう。相手を叩き潰すのじゃなくて。ルールは、意見発表の間は、その間は他の参加者はグチャグチャにしないようにして。ひどいとかあんまりダラダラ長いとかいう場合は、主催者が切るかもしれませんが」


言論人の講演会って壇上から上から目線でお話を拝聴するだけで終わりなのばかりですが、シチズンで、講演会の後はその言論人とお茶会とかでみんなで意見交換ができるのが本当に楽しいのに目が見開かれましたので。私が過去に企画幹事をしたやつでは、お客様は皆様楽しんでくださっていました。

ただ、敵対勢力が潰しに来ないかとか、微妙な言論人がお越しの時は他のお客様が激怒して大喧嘩にならないかなど、色々心配でし亜tけど。私を嫌うのはガン無視して絶対来ないし(だから客が少ないです)。

事前予約制度にして、事前に告知では注意をして、予約客とは携帯電話でもお話をしたりしました。
更に、「お互いにキチンとした意見交換の場をしましょう」というのをもっと事前にアピールをして皆様の不安をとくようにします。

「xxさんみたいな人が行きたいと言ったら入れるんでしょうか」 

はい。そして懇親会の時には、自己紹介と意見発表の時間を短時間ですが提示します。その間は他の参加者たちは決して妨害をしないこととルールにします。糾弾や吊るし上げをしないこと、お互いに妨害しないこと。参加者全員に事前にルールとして、お互いに潰しあいをするのではなくてお互いにキチンとした意見交換の場にしましょうと。もし男組みたいにグジャグジャにするやつがでたら私の責任で退去を命じます。

============


私なりの答えです。








スポンサーサイト

7/10(日)二次会は新大阪駅でお見送りか、有志で大阪市で飲み会か



7/10(日)二次会は新大阪駅でお見送りか、有志で大阪市で飲み会か

最初は、スタジオ・シチズンでの懇親会が終えたら、その後は十三駅に移動して、十三ツアーと飲食店で懇親会を計画してて、そして、あらい商店に交渉をしてそこで飲食できるといいかなあと計画をしていましたが。

佐藤氏にメールをしたら、厳しく叱責をされました。
謝罪をして。
告知で、十三ツアーを中止しました。

今後は、別の日にでもオフ会で、十三ツアーと、十三での飲食店での懇親会をしてもいいですが。
あらい商店の店内には入ったり、飲食はしません。

佐藤さんから「7/10は選挙の日だから。選挙速報を見ながら語り合うのはどうか。シチズンは夜遅くまで開いているか?」

シチズンのマスターに問い合わせたら、無理と断られました。
選挙速報は夜20~23時だからマスターも心身ともにつらい。
選挙の日は、マスターも超多忙。夜20時以降は用事がある。
夜遅くや長時間は無理とか。
マスターは副業もしているので、夜遅くや長時間は無理とか。

ホテルで大人数可能な大部屋に大人数で宿泊する計画は可能か?
他の方々は、遠来からの方々は、日曜日の夕方には帰路に着くから無理とか。

遠来からのお客様は、夜には新大阪駅から新幹線に乗って帰るから、新大阪駅が助かるとか。
遠来からのお客様方への感謝を込めて、新大阪駅までお見送りをすることにします。
新幹線まで、お茶会でもいいでしょう。

今のところ、他の地方からわざわざお越しの方で新幹線で帰るという方が2人。


新大阪駅の構内での飲食店でのお茶会か飲み会か、それか新幹線での飲食が可能なように美味しいものを買うお付き合いをして、そしてお見送りでもいいですね。





F氏にDMで確認をしましたら、翌朝から仕事なので、講演会と懇親会の後に、たぶん新幹線で九州に戻るとのこと。夜行バスは身体に負担がかかるから利用しないと思うとのこと。
関東からのお客様H氏は、新幹線で帰えるので、新大阪駅での二次会か送迎が助かるとのこと。
遠来からお越しのお客様方のためにも、最低限、新大阪駅までお見送りをすることにします。

関東からのお客様で、この講演会をやってほしいと言ってくれた、くれどさんは有給を取って翌朝まで宿泊する予定とのこと。新大阪駅での送迎やお茶会ぐらいならお付き合いくださるかもしれません。

地元関西勢は未定です。

店をギリギリまで19時までキープしておいてもらっていますが、講演会と懇親会を18時までに終えらえるようにして。ここで皆様にはお別れのご挨拶をして。
それからタクシーを飛ばして、遠来からのお客様たちを、新大阪駅までお見送りするようにします。

関西圏のお客様たちやゲストたちは又別の日にでもオフ会を気軽に開催できますし、そうします。

佐藤様のご要望の「選挙速報を見ながら政治情勢を語る二次会」ですが。夜20~23時で、TVがチェックできて、静かに語れそうで、ネット中継可能という条件は、ホテルの部屋ぐらいしか思いつきませんでしたが。普通はシングルかツインかダブルか、和室の大部屋ぐらいしか思いつきませんでしたが。
Hさんからの助言で「カラオケボックスの大きな部屋の個室」というアイデアをいただきました。
カラオケボックスを、新大阪駅の近くで探しましたがありませんでした。地下鉄から一駅の西中島南方になら、カラオケ 「ZERO-4」のチェーンが2店ありました。

スタジオ・シチズンでギリギリまで語って。
18時過ぎには関大前駅を出て新大阪駅まで。タクシーを飛ばせば10分ぐらいです。
遠来からのお客様方を、お見送りするか、時間ギリギリまでお茶会をして。

私は翌日仕事があるので、新大阪駅で遠来からのお客様をお見送りをしたらそれでもう家に帰る予定です。

その後に佐藤さんと他のお客様が選挙速報を見ながら語り合いたいというご要望があれば、カラオケルームに移動をして部屋のTVで選挙速報を見ながら語り合えるかと思います。

それか、大阪市の通向けの店で気軽に二次会とか。

こういう計画でいかがでしょうか?









ある方が書いた記事が参考になります。新大阪駅で買う駅弁情報です。
二次会に参加する余裕がなくてすぐ帰りたいけど、帰路の新幹線で何か食べたい方のために情報収取をしました。

新大阪駅から新幹線に乗り込むときの鉄板!激ウマグルメ
http://blog.sukecom.net/entry/2015/10/14/213728
★鯖サンドイッチ
★串カツ
★シューマイ

鯖サンドイッチって初めて知りました。新大阪駅構内のどこで売ってるかの情報がありません。どこでしょうか? 情報も止めます。

新大阪駅で駅弁に迷ったら「すえひろの天むす」がコスパも高くてオススメ
http://blog.sukecom.net/entry/2014/12/25/003000

京都駅の駅弁は侘家古暦堂のふわふわ卵の鶏カツ弁当がぶっちぎりでウマい!
http://blog.sukecom.net/entry/2014/05/17/180000


JR新大阪駅に"エキマルシェ新大阪"がOPEN!
http://eonet.jp/gourmet/takeout/index_150310.html

旅弁当 駅弁にぎわい
JR新大阪駅・エキマルシェ新大阪内
http://eonet.jp/gourmet/data/3052173_1391.html


松葉総本店 “立ち食い串カツ”
JR新大阪駅・エキマルシェ新大阪内
http://eonet.jp/gourmet/data/3052159_1391.html















7/10(日)講演会の前説 スライドショー、できるかな?

スタジオ・シチズンの講演会では、大きなプロジェクターと、利用者が手元で操作できるように設定されてる設備、利用者の目の前にはモニターがあって確認できるようになってる設備など、設備充実。


他の講演者たちが、パワーポイントでスライドショーをしているのを見ていいな~思ったけど。
でも私はやったことない。

マスターに「ブログのエントリーで記事をまとめたから、それをプロジェクターに放映することで、前説をしようかなと思っていますが」

マスター「できんことはないけど、文字が小さすぎて、観客には見えにくいと思う」


マスターに「ワードでチラシみたいなのを作成できるから、それをプロジェクターにスライドショーできますか?」

マスター「できんことはないけど。画面サイズの調整とかが、ずれる恐れもある」「横長で」「文字は大きくすること」

はい。そうします。

一応パワーポイントの使い方を調べてみて。

パワーポイントを初挑戦。
ワードとはやり方が違うので大変でしたけど、なんとか、大まかな形にはなりました~。まだまだつたないですが。

これを大勢の関係者に見せるには、メールで添付ファイルする方法があるけど。
関係者が大勢いすぎて大変。

大勢に一度に見せるにはどうしたらいい?
メアドを大量に一括送信する方法は、個人情報もあるので遠慮をしますね。

一般に秘密にしなくてもいいのなら、一般公開でもいいしね。

クラウド化をする方法があるわね。

クラウドの一つ、ドロップボックスは容量は小さいけど、入れるのはテキストファイルだから大丈夫。
ドロップボックス初挑戦。


クラウドのドロップボックスにリンクをして、パワーポイントのフォルダをそのurlをクリックすれば閲覧可能にしました。


20160710大阪リンチ事件講演会.pptx

https://www.dropbox.com/s/1ljc6ggiffgbd0x/20160710%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A.pptx?dl=0


このurlを踏んだ方は、見ることが可能ですね。

告知用のブログにもそのパワーポイントを一般公開をしておきますので、事前に論点を知っておいていただいたら時間が節約できます。
当日、全然この件を知らないお客様がお越しなら、私が短時間で説明をしますが、知ってる方はトイレ休憩や飲み物を飲んで時間を節約できるかと思います







シチズンにメールでプロジェクターとスライドとパワーポイントの相談をしました。
メールに、ファイルをドロップボックスに入れてURLで送付したのと、添付ファイルで送付したのと両方で。


「ドロップボックスから直接ネット経由でプロジェクター投影も可能ですが、パフォーマンスは当日の回線事情に左右されますので、一旦ダウンロードした方が確実です。 最終原稿が決まりましたら、事前にダウンロードしますので、お伝えください。




7/10 二次会への要望とその調整



それと7/10(日)は選挙の日で。佐藤氏から十三ツアーのことで叱責をされた後に

「二次会をするのなら、選挙速報を見ながらの生中継なんかどうでしょうか」。
シチズンのマスターからは「選挙速報は20~23時。私は無理」「選挙の日は夜から他の用事があるし」。

他の地方からお越しの方は夕方には帰路につくでしょうね。地元の方でも明日の仕事の準備のために帰宅するでしょうしね。
家かホテルでTVで選挙速報を見ながらスマフォで中継しながら語るぐらいでしょうね。
翌日がお休みを取れる方か、地元の方で朝ホテルからそのまま職場に行けるような方なら、みんなでホテルで泊まって語り合うのも可能でしょうけど。
4人ぐらい泊まれる和室の大部屋や、8人ぐらい泊まれる和室の大部屋での企画も考えられますが、調整が難しいでしょう。

一応、大勢で泊まれる和室の部屋を二つキープをして置きました【4人加納部屋、8人加納部屋)。ご希望者にはお譲りしますので。

私は女性だし、人と接するのが苦手だし、他の男性客たちも嫌がるでしょうから、そのホテルでの夜の二次会には参加は遠慮はしておきます。


もし希望者がいらっしゃれば、4人ぐらい泊まれる和室の大部屋や、8人ぐらい泊まれる和室の大部屋でのTVで選挙速報を見ながらネット生中継という企画も考えられますが。その希望者の調整と企画幹事がなかなか大変です。
急なアイデアなので私には企画幹事が困難ですが。いつか又の機会に余裕のある時にでも。

7/10講演会と懇親会のプログラムを再度調整しました



それと佐藤氏からはメールで要望がありました。
私としては大人数を集める企画幹事が初めてなので、最初は安パイで、それぞれ単独で短時間ずつお話をして90分、懇親会2時間で。その時に初対面同士が少しずつお互いに調整しあって。次回以降に大勢での議論や座談会がいいのではと思ってましたが。


佐藤氏からは、要約ですが
「私は次回でるとは約束できないし、今回で論点を全て出し切りたい」
「この濃い面子だと2時間半、3時間はほしい」とのこと。
「懇親会で客同士楽しむのが目当てなら、私が行く必要がない」とのこと。

佐藤氏の意見を受けて、プログラムを再度組み立てます。


13:30開演。出場者全員が自己紹介と所信表明をして。後はフリートーク。それで90分か120分。
15:00か15:30までには、トイレ休憩と懇親会の準備でテーブルと椅子移動と飲食物。

懇親会は公開録音をしますので。顔出し不可の方々のために映像放映は無し。生中継は無しで録音で。

生中継だとついうっかり個人情報をもらしたりとか、嫌がらせで個人情報暴露とかトラブルがあるかもしれませんので。
録音にして、まずい部分は後で編集をしますので。

「これから録音をしますので」と言った上で。

懇親会参加客は一人ずつ短時間の自己紹介。録音をしているので、公開されるとまずい個人情報や秘密は一切無しで。
それで一区切りついたら、今回の議題の重要なテーマを語り合うことにします。
客からの質問は全て講演会と休憩中に用紙に書いてもらって時間節約。
客を交えての議論にして。これまでにだいたい16時か16時半ぐらいまでかかりそうです。

それで議論を再開をして。議論に
約30分か1時間か。うまくいけば1時間半ぐらいは語れそうです。
店のレンタルは18時までの予約で17:30までに終了の予定でしたけど。店主に交渉をして19時まで借りて、18時か18時半まで語り合えることも可能。

ただし17時過ぎには帰る方もいるでしょうけど。遠来からのお客様は、新幹線や飛行機の都合もありますので。

13:30~15:00か15:30座談会(録画)
15:00か15:30~トイレ休憩と懇親会準備。録音開始。客の自己紹介。
だいたい16時か16:30ぐらいから議論再会をして17時半か18時ぐらいまで。ギリギリ18:30までなんとか。
こういう計画にします。


謝罪。十三ツアーを撤回します。




昨日、佐藤氏からメールで色々と厳しい叱責を受けました。
「十三ツアーで、可能なら、あらい商店に妨害はしませんのでと交渉をして客なって飲食できるといいな」と書いたら、佐藤氏から「不謹慎だし自分は絶対参加しません」って。
申し訳ありませんでした。撤回します。

告知から「この後、希望者とオプションで十三ツアーと懇親会をします」と書きましたけど、撤回をします。
あらい商店に行くことを予想して期待した方がいらっしゃったら申し訳ありません。
講演会と懇親会終了後に、オプションで希望者と二次会をするかもしれませんが。

別の日に、十三で気軽なオフ会と十三散策と紹介ぐらいなら企画幹事するかもしれませんが。それでも、あらい商店には入店と飲食はしませんので。それを期待させることもしませんので。申し訳ありませんでした。

チラシを作って大量にコピーを作ってから、佐藤氏から厳しい叱責をうけて。その後大急ぎでシチズンの講演会にチラシ持参でお伺いして、大急ぎで「十三」の部分に線を引いて消したのを置きました。新しいチラシを作成してコピーしたのを再度置き替えにお伺いする予定です。

2016/0710 ブックフェア予定



http://www.warewaredan.com/jinteki.html

外山恒一活動報告誌「人民の敵」vol.21、藤村修×外山の“しばき隊リンチ事件”を論じるところ

面白そうですね。私も購入をしてみて、7/10(日)の講演会のブックフェアに並べてみるつもりです。 

外山恒一氏の会報『人民の敵』、一冊5千円は厳しいけど、改訂されて同じ号の分を5冊なので、これなら21号(リンチ事件掲載の号)だけを5冊購入をして5千円なので、講演会に置いて客に購入をしていただければいいわ。


外山恒一氏の会報『人民の敵』21号、反レイシズム界隈大阪リンチ事件についての論考の号、5千円で5冊だから。7/10大阪講演会の会場で1冊千円+手数料で販売予定。事前に購入予約が6名以上なら10冊以上仕入れますので。



昨日、スタジオ・シチズンをチェックしたら、外山恒一編著の『デルクイ』1&2が置いてあったので。
これに会報『人民の敵』21号の大阪リンチ事件の論考も置いて、1冊千と手数料プラス何百円で販売予定。
他にもブックフェアを予定します。


それとブックフェアに、松沢呉一編著の『売る売らないはワタシが決める』 
他にも何を置こうかしら?


氷川渉氏は、キンドル版の書籍を出版していて。
でも講演会と懇親会には、キンドル版の書籍は、イヴェント化はしにくいのが難点ですね。


そうそう松沢呉一がメルマガで、新刊の本を出して。
今後は文章の出版はネットに取って代わられるかと思ってたけど。自分のタイプの文章は、ネット上では不向きで、やはり書籍だと集中力をもって読んでくれるって。書籍出版はやはり必要とか。
なるほど。

そういや、フェミニストの小倉チカコが、書いてた意見が面白かった。
知人が「映画館だと、ヴィスコンティとか高度な芸術映画を見ていられるけど。TVだと無理。集中力が続かない」「家のお茶の間とTVは集中力と緊張がいるような内容だと見るのが困難」とか。なるほど。それと似ているかもしれません。


20160710大阪リンチ事件講演会チラシ

20160710大阪リンチ事件講演会チラシ


チラシをまとめてシチズンに置きましたけど。
改訂をしました。


改訂版
20160710大阪リンチ事件講演会チラシ 改訂版
暗証番号 70099793
有効期限 2016/07/05









ドロップボックスに、ワードで書いたチラシを入れています。そのurlをクリックすればそれを一般公開できます。
この方法の長所は、私がチラシを改訂してもurlが同じままなところです。
今までならファイルを改訂をしたら、ゼロから告知に載せ直していましたけど、これからは楽になりますね。

https://www.dropbox.com/s/ny0qq666ojkywtl/20160710%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%80%80%E5%8D%81%E4%B8%89%E5%89%8A%E9%99%A4.docx?dl=0









JPEGファイルにしてブログに掲載できるようにします。

20160710oosakarinchijikenkouenkai01.jpg




20160710oosakarinchijikenkouenkai02.jpg





レイアウトを改訂しました。


chirashi20160710oosakarinchijikenkouenkai01saishin.jpg




20160710oosakarinchijikenkouenkai02.jpg










7/10(日) 議論の焦点を絞ること

当日の講演会では、議論が拡散しないように事前に焦点を絞るように注意をします。


★ 言葉の定義で議論が紛糾する危険があります。事前に注意をしてください。


ある方が「内ゲバだなんていうのは政治的センスが致命的に欠けている。あれは同調圧力(イジメ)、内輪もめ」

私は真っ先に、「左翼の内ゲバの歴史」を連想しました。ですので、講演会の題名に「内ゲバリンチ事件」と書いたけど。
私のせいで議論が大混乱になると申し訳ないので撤回をして、「内ゲバ」を削除しました。


2014年12月に反レイシズム界隈がおこした事件について、リーク情報では「三人が書類送検。一人が傷害で罰金、一人が暴行で罰金。一人が不起訴処分」だったらしい。

その事件についても、ネット上では「あれは喧嘩だ」「あれはリンチではない」「集団ではないから、集団をつけるな」とか色々と紛糾していました。

私としては、「暴行事件」と書いたり、「集団暴行事件」と書いたり、「リンチ事件」と書いたり、「集団リンチ事件」と書きました。
定義で紛糾するかもしれませんが。
私としても、不確実です。言葉の定義の曖昧さで、他人様から批判が殺到するかもしれませんが。

とりあえず、講演会の題名には「リンチ事件」と書きました。




★ 今回の講演会では、リンチ事件にふれるのなら週刊誌報道以降の二次加害問題に焦点を絞ってください。

「2014年12月にリンチ事件があった」というのはあくまでのリーク情報でしかないこと。
リーク情報では「既に刑事事件では罰金刑と不起訴処分で終わってること」らしい。

第三者からしたら、あくまでも伝聞情報でしかないこと。
過去の終わった事件であること。

関係者たちとの間の要点が絞れました。

週刊誌報道以降の二次加害問題なら、講演会でも話しをしてもいいでしょう。
・ 公開の場での出来事で確実な事実であることが、第三者にも検証可能であることと、
・ 現在進行形の事件であること。

加害者側が一気にしおらしくなった事情について推測。
ライターの愛葉直樹氏の推測では「1年半以上も過去の暴力事件は終わったことだけど。最近の週刊誌報道以降の暴言に対して、神戸大学からの抗議か、被害者からの内容証明か、民事訴訟の訴状がぶつけられたからか何かあったのでは? だから加害者や関係者たちが一気にアワワになってしおらしくなって逃げ腰になっているのでは?」とのこと。

過去のリンチ事件を追及と非難抗議するフェーズが終わって。
最近の二次加害のほうを問題視する新たなフェーズに移ったってことやね。


「暴行加害者側が、被害者との約束を反故にして好き勝手に活動をしているから、被害者側の怒りをかってリークをしているのでは? 今現在も問題が継続中では?」という噂もあるけど。それも被害者側が何も発言をしない以上不確実情報だし。








★ 暴力反対ではないという思想の方もいるので、そのことに注意をした上での議論にしたいです。

 ある方が「自分は暴力反対ではない」「政治運動でのリンチ事件は容認」「しばき隊のリンチ事件を批判する気はない」「暴力反対という考えの方がしばき隊のリンチ事件を批判すると、暴力反対ではない自分としては、しばき隊の暴力事件を擁護するしかなくなる」

「暴力反対ではない」という思想の藤村氏の意見で驚いて。
私は「暴力反対」を当然の前提にしていたので。

「暴力反対ではない」という方もいるのだなと知った上で議論をシミュレーションしないといけないなと考えを改めるようになりました。議論の焦点を事前に絞るためにブログにまとめました。

今回は暴力の是非について語ると、時間が足りないし大混乱になると、事前に考えててください。

暴力の是非については、又今度機会があればそれだけで論じてもいいのですが、それだけでも時間が何時間も取られることでしょう。

せいぜい、反レイシズム界隈の二重基準ぶりを批判する程度におさめてください。

・ SEALDSのデモ現場から、極左を「暴力事件を起こしてきたから」という理由で排除してきたけど。仲間の暴力事件にはどう対処するのか?
・ 「ヘイトスピーチは暴力と一緒」と主張してきたけど。仲間の暴力事件にはどう対処するのか?
・ 京都朝鮮学校公園占有事件でのチーム関西への批判と、どう論理的な整合性をとるのか? 仲間の暴力事件を擁護することは、京都朝鮮学校公園占有事件でのチーム関西への擁護にもその論理を転用可能になるのではないのか?

過去の総括と反省謝罪をして、今後は事情があれば暴力容認、ヘイトスピーチ容認になるのか? 
今後は暴力容認になるのなら、過去に行動保守界隈や極左に批判や排除や活動に圧力をかけてきたことを間違ってましたと謝罪をして。今後は他人様にも寛大になるようにすべきですね。

それとも、暴力事件を起こした仲間を切り捨てるのか?

首尾一貫しないとあかんでしょうね。




議論が大混乱にならないように、事前に焦点を絞って整理をしておきますね。




何に注意をするかをブログにまとめておきますね。



題名を変更「差別反対と言論の自由シリーズ」「ヘイト問題とリンチと被害者への二次加害問題」




題名を以下に変更します
「差別反対と言論の自由シリーズ」「ヘイト問題とリンチと被害者への二次加害問題」

題名で他の候補として、「差別反対活動、同調圧力、恣意的なモラハラ、リンチ、被害者への二次加害」にしようかと迷いましたけど、長いですね。一応副題としてつけておきますね。


佐藤さんから、【私的には「ヘイト問題とリンチ問題に関する議論と討論」ぐらいにしておけばよいのではないでかと思います】というお返事がありました。

でも私はそのまま自分が最初に決めてた題名にしましたけど。

ある方からの意見を読んで、考えを改めて、題名を変更することにしました。


==========

私があまり行くのはよくないのではと気が引けてきました(笑)。

おととい位からの野間氏と反しばき隊の方との議論をツイッターで見ていますが、一部詭弁めいたところもあるものの、圧倒的に野間氏の方が筋が通っている。なぜなら、リンチ事件は一旦被害者加害者の合意を見て解決済みのことだから。
そこではなく、週刊実話の報道以降の一連のカウンター側の対応の方を問題化すべきではないのでしょうか。リンチ事件を掘り返すとは、私には、負けると決まっている喧嘩を売っているようにしか思えない。

それでも「自分たちが正しい」と確信する根拠が、「暴力を振るったから」であるのならば、私は非暴力主義者ではないので、しばき隊につかざるを得ません(あのリンチを「内ゲバ」と言っている政治センスのなさは致命的です)。

週刊実話報道以降のしばき隊の反応が、被害者への「セカンドレイプ」に相当すると主張できて初めて、リンチ事件にも言及できるのではないでしょうか。

もちろん、殴ったことが「悪」だからではなく、そういう雰囲気を醸成しているしばき隊の体質について、ということですが。

このままだと私は本当にしばき隊の擁護をしてしまいそうなので(笑)、私のような者が参加していいのかと考えている次第です。

=========


====

とても参考になるご意見ありがとうございました。私には致命的に政治的センスが書けているのですね。わかりました。そう言えば佐藤さんにメールで依頼をしたら、【私的には「ヘイト問題とリンチ問題に関する議論と討論」ぐらいにしておけばよいのではないでかと思います】というお返事があったけど、私は自分で考えた題名にしましたけど。
私の政治的なセンスが欠落した題名で議論が混迷してしまったら申し訳ないです。
○○様からのご意見を参考にして、題名を大急ぎで変えますね。
「ヘイト問題とリンチ問題に関する議論と討論」 
このリンチには、セカンドリンチやネットリンチの意味も大きく含まれているという意味です。題名を変更した意味も読者の皆様にご説明をしますので。

ライターの愛葉直樹氏の意見で「暴行傷害事件は既に罰金を払って終わった事件だから。でも週刊実話以降の加害者側や仲間たちの発言が二次加害で、そっちの問題で神戸大学側からの抗議が届いたか、内容証明が届いたか、民事裁判の訴状が届いたか何かで、加害者側が一気にしおらしくなったのではないか?」って。
それを聞いてなるほどなと思いました。「差別反対活動と二次加害問題に関する議論と討論」だと○○様もOKでしょうけど、その題名では一般には一読して意味が分からなくてひ弱いかなと思いました。「差別反対と言論の自由シリーズ」「ヘイト問題とリンチ(セカンドリンチ、ネットリンチ)問題に関する議論と討論」という題名に変更します。これならいいでしょうか?

○○様には本当に参考になるご意見をおっしゃっていただけて、私もとても学ばせていただきました。本当にありがとうございました。7/10(日)には○○様もお越しいただけそうとか。とてもうれしいです。ぜひお越しください。

============


私の政治的なセンスが欠落した題名で議論が混迷してしまったら申し訳ないです。

○○様からのご意見を参考にして、題名を大急ぎで変えますね。

「差別反対と言論の自由シリーズ」「ヘイト問題とリンチと被害者への二次加害問題」

題名を変更した意味も読者の皆様にご説明をしますので。








ライターの愛葉直樹氏の意見で「暴行傷害事件は既に罰金を払って終わった事件だから。でも週刊実話以降の加害者側や仲間たちの発言が二次加害で、そっちの問題で神戸大学側からの抗議が届いたか? 内容証明が届いたか? 民事裁判の訴状が届いたか?何かがあったのでは? だから加害者側が一気にしおらしくなったのではないか?」って。

それを読んでなるほどなと思いました。

もう過去のリンチ事件を問題視して取り上げるフェーズは終わって、別のフェーズに移ってるのでしょうね。
週刊実話報道以降の被害者への二次加害の方を問題視して批判をするのならギリギリありなのでしょうね。





管理人プロフィール
講演会の企画と幹事を引き受けて、その告知のためにこのBLOLをたちあげました。

Author:FC2USER493770RXI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR