FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書「西岡昌紀氏と千坂恭二氏、お茶会、大阪」

2015年に、「マルコポーロ事件」の西岡昌紀氏を大阪に招致をして、「言論の自由と差別問題」シリーズ「マルコポーロ事件から20年」で講演会とお茶会をしていただきました。
その年はちょうど、大阪市で罰則規定なしの穏健な「ヘイトスピーチ規制法」(反レイシズム界隈が支持応援)を推進する動きがありましたけど、延期(事実上の廃案)になりました。2016年に可決してしまいましたが。

2016年に、反レイシズム界隈のオリンピック反対、オリンピックに関わってる秋元にも反対の活動家が、「欅坂のハロウィーンコスプレがナチスの衣装に似ている」とSWCに英語でご注進をし、大騒ぎになったことがありました。
この件では意見が分かれました。
この件で、SWCやイスラエル大使館側を一方的ではないのかと違和感を表明したのが、西岡昌紀氏など。

若いネット世代でも、SWCやイスラエル大使館側に臆せずに違和感を表明するのが増えてきました。時代の変化を感じました。

これを機会に又、西岡氏に依頼をしました。

日本の歴史上タブーの人と対談する逸材

そしてリクエストがありました。
「西岡氏を大阪に招致をするのなら、対談相手に、千坂恭二氏をお願いします」

驚きました!

難解な書物で、ひ弱いオツムの私なんかでは理解できないし、私なんかが企画幹事をしていいのか?と委縮をしていました。
ダメ元で依頼をしたら、千坂氏の定例会に招待をされて。勇気を出して行ったら、いいお返事をいただけました。
難解な書物で倒れそうになりましたけど、千坂氏のお話は次第にターボがかかって面白くなりました。
過激で遠慮がない。
それと寛大で、見識のある方です。
西岡氏を相手に堂々と渡り合える方だなと思いました。

インテリで、遠慮がなくて、寛大で、そして見識のある方という逸材はなかなかいませんしね。今後の真のリベラルの再生として参考になる方かもしれません。

普通のアカデミシャンとか職業言論人らは、歴史上タブーの西岡氏との対談は躊躇するでしょうし。
プロ人権活動家らは、「ユダヤ系人権団体、SWCから抗議されてる人」と聞くと躊躇するでしょうし。
保守派の議員は、保守派の宗教団体が支持母体で、その中には親イスラエルなのや、SWCと懇意なのもいるし、遠慮がある。

どこにも遠慮がなくて過激で奇矯な発言をする言論人もいるけど、品性や見識が疑われるし。

これだけ条件が揃ったインテリ言論人、特に大阪では、なかなかいません。





ブログにでも、企画書をまとめて、後でご連絡をしますね。

大きな一つのテーブルをみんなで囲んで、主賓席に西岡様と千坂氏とで、お茶会をしながら、気軽に語り合うという形式がいいかもしれません。クリップボードに色々なテーマを書いて。それを見ながらお二人が自由にお話をするという形式はいかがでしょうか?

クリップボードに、例えば、
「自己紹介」
「2016年はどんな年?」
「ナチス」
「ネオナチ」
「ユダヤ」
「SWC]
「欅坂のコスプレ騒動」
「ネット上の新世代の人々の間で、ナチス絶対悪視への疑問と違和感と抗議の芽生えがでてきたこと」
「ネット上の新世代の人々の間で、差別反対団体への疑問と違和感と抗議の芽生えがでてきたこと」
「戦後の体制」
「外山恒一は、”ナチス=絶対悪”っていうのは、連合国のプロパガンダに過ぎない、スターリンの方がひどい、という主張」
「ヘイトスピーチ」
「差別者糾弾」
「言論の自由」
「大阪市のヘイトスピーチ規制法成立を喜ぶ人、不安視する人」
「似非人権への反発」

その他、どんなテーマがいいかしら? リクエストよろしく。

1時間ほど基調座談会をしていただいたら。

休憩をして。
参加者には質問用紙を渡しますので、質問を書いていただいて。

第二部が懇親会。
参加者全員が自己紹介をして。
お茶会とお話をして。

終了の20分前ぐらいに、最後の一杯をお出しして、そして主賓の締めのお言葉をして、盛大な拍手をしてお見送りをします。




日時は、お二人の都合をお聞きして調整します。


会場の候補は、
★ 吹田市関大前のシチズン。マスターが録画技術があって、プロジェクターやモニターなどの設備が充実してて、低料金で、信頼できるし、寛大な方なので。
★ ICレコーダーでの録音と文字起こしだけでいいのなら、会場は他にもいくらでも可能。
十三駅のカフェ・スロー。その他、小さなカフェを借り切るとか。その他色々。

関西の素敵なレンタルスペースで催しを 候補の店
https://matome.naver.jp/odai/2146509615136284901







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人プロフィール
講演会の企画と幹事を引き受けて、その告知のためにこのBLOLをたちあげました。

FC2USER493770RXI

Author:FC2USER493770RXI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。