FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/28(土)講演会会場でささやかなブックフェアを展示する予定です

国際ビジネスマンと嫌韓国本
http://togetter.com/li/632714

このまとめサイトを作った時に、異文化ショックをテーマに私が推薦する本をまとめました。


外国人についてあけすけな情報のある本


日本人が外に出るとき
日本人が外に出るとき (中公文庫)日本人が外に出るとき (中公文庫)
(1991/09)
犬養 道子

商品詳細を見る


私の感想をblogにまとめました。
「思いつくままに」
→「 セレブ犬養道子の本、上流階級が使用人を使う苦労が、下層階級の私でも参考になる」
http://noranekonote.blog.shinobi.jp/Entry/510/


ハイ・ライフ

ハイ・ライフ (知恵の森文庫)ハイ・ライフ (知恵の森文庫)
(2005/01/06)
タキ

商品詳細を見る



上流階級の方が、上流階級の方々のわがまま放題や性格の悪さを書いている。筆者はそれを上流階級の特権と全面肯定しているけど。




情報募集

欧米上流階級のわがまま放題の情報をまとめた本はないですか?
高級婦人雑誌のコラムで、ヨーロッパ貴族から取材の約束をすっぽかされた具体例などは読んだことあるけど。


イギリス人はかなしい―女ひとりワーキングクラスとして英国で暮らす

イギリス人はかなしい―女ひとりワーキングクラスとして英国で暮らす (文春文庫)イギリス人はかなしい―女ひとりワーキングクラスとして英国で暮らす (文春文庫)
(2001/11)
高尾 慶子

商品詳細を見る


ユダヤ人雇用者が、使用人をどれほどひどい扱いをしたか。具体的に書いていた。

中国の思う壺
中国の思う壺〈上〉中国の思う壺〈上〉
(2001/07)
小田 空

商品詳細を見る


http://file.noranekonote.blog.shinobi.jp/odashorachuugokuchuui.JPG

小田空『中国の思う壷』P165



日本人が日本語教師として中国に渡り、中国人に対して日本人と接する上での注意を具体的に大量に書いていた。

日本人なら常識的なことだらけなのに驚く。

中国人たちの嫌~な表情の描写がすごい。



サイゴンから来た妻と娘
サイゴンから来た妻と娘 (小学館文庫)サイゴンから来た妻と娘 (小学館文庫)
(2013/08/02)
近藤 紘一

商品詳細を見る


バンコクの妻と娘

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))
(1985/01/25)
近藤 紘一

商品詳細を見る


新聞記者の近藤紘一氏が、ベトナム支局で働いてて。

現地の女性(娘つき)と結婚。
そのベトナム人妻のキャラがすごい。
娘を厳しく育てて。親戚の男の子たちも鉄拳制裁をし。
ベトナムの古い時代では、女性が文字の読み書きすら禁止されてたとか。そのベトナム人妻は、子供の頃本を読もうとして身内から鉄拳制裁をされたとか。全然教養がなくて。
小さな店を経営。
女性は経済的な自立をしないと悲惨という考えで。その娘は経済的自立をさせようと、娘は日本でよりもフランスで育てさせることにして専門学校にやって。その娘はフランス人と結婚。
近藤紘一氏が死後、彼女が取材を受けてた記事が掲載されてた。
「今だから明かしますけど。彼は私のことで嘘を書いてました。小さな飲み屋を経営って書いてたけど。日本人読者に同情をさせておけって意図だったのでしょうね。本当は大人数の従業員をかかえて高額で豪勢なお店の飲食店で、日本で言ったら、銀座の高級クラブみたいなものでしたね」

色々な事情で、タイでメイドを採用することになって。
ベトナム人妻が現地のタイでメイドを使ってて。
近藤紘一氏がその様子を観察し、そのこつを書いていた。日本人は今は大金持ちでも女中を使うなんてしないから、そのコツがわからない。
しかも異国の人間を使用人とした扱う困難さがある。
厳しくすべき時は厳しくし、ご褒美を与えるときは与え。それがなかなかできない。






氷川氏が参考になった本


題名は、はっきり言ってひどいけど。韓国とのビジネス経験のある方にとっては参考になる部分が多いのでしょう。


呆韓論
呆韓論 (産経セレクト)呆韓論 (産経セレクト)
(2013/12/05)
室谷克実

商品詳細を見る




悪韓論

悪韓論 (新潮新書)悪韓論 (新潮新書)
(2013/04)
室谷 克実

商品詳細を見る



氷川渉氏の『悪韓論』書評

読書メモ:『悪韓論』
http://red.ap.teacup.com/tamo2/1983.html


=====(引用開始)=====


渡世の義理、「レイシズムは勿論、反レイシズム運動もぶった切る講演をしてくださいよ」と頼まれた。アホらしいし、特に反差別運動には関わり合いになりたくないので、無視しようと思っていたが、情勢はこじれて、俺みたいな思想的ヤクザ者が講演するのも意味はあるかな、と今は思っている。

 となると、両方の文章をある程度は読んでおかなくてはなるまい。で、反レイシズム側がやり玉に挙げているのがこの本。

 読んだ感想。若干悪意は感じるにせよ、
 至極ご尤も。

 うん、これがレイシズムならば、どのような国家や民族に対しても、違和感を表現することは全てレイシズムになるぞ。


=====(引用終了)=====






情報提供募集

異文化ショックと、共感と慰撫をテーマに、ブックフェアを企画しています。

他にもどういう本がおすすめか情報提供をお願いします。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人プロフィール
講演会の企画と幹事を引き受けて、その告知のためにこのBLOLをたちあげました。

FC2USER493770RXI

Author:FC2USER493770RXI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。